新着Pick
611Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
バイブした時に、
「スマホを取り出す2秒間」
を何万回も節約できると考えるだけでも、
applewatchは買いですもんねー。
人気 Picker
たまにしか腕時計をつけていなかった私が、Apple Watch2を買ってからは毎日つけるようになったことからも分かるように、Apple Watchが作った市場は、完全に新市場ですから "Apple to Apple"の比較ではないです。

しかし、自身を振り返ってみると、Apple Watch2での決済に依存するようになってから、全く高級腕時計への興味は失せてきてしまったのも事実。初代Apple Watchはいくつか持ってる腕時計の選択肢の一つでしかなかったが、決済機能がついたApple Watch2は完全に必需品。だからと言って両腕に腕時計するわけにはいかず、自然と他の腕時計はつけなくなります。

今後は最終的にはこのマーケットもさらにオーバーラップするようになると、完全にAppleの一人勝ちの可能性もあるかもですね。Appleが高級ブランド買って、中身はAppleにしちゃえば、ガラッとマーケット構造変わります。

追記:大昔、機械式腕時計も、当時の人にしてみればガジェットだったわけで、ガジェットが当たり前になる前に、高級市場をAppleが押さえれば良いわけです。すでにエルメスラインはあるわけで、それは当然Appleが取りうる戦略の一つでしょう。世の多くの人の腕が二本しかないことは、見過ごしがちですが、かなり重要なポイントです。
アップルウオッチはスマートアイテムであるのに対し、スイスの腕時計は装飾品です。

単純に比較するものではないでしょう。
スマートウォッチの市場が単体で伸びているだけで、現状ではスイス時計の出荷台数に大きな影響を与えているようには見えません。単価の圧倒的な差を考えれば、スイス時計はApple Watchとは全く別の市場。前年もそうですが、Apple Watchは第4四半期の大規模なセールにより出荷台数が大幅に増加している。その数字を取り上げてスイス時計を上回るとしても、セール品だから売れたという認識でしかない。
最近はアナログ時計の機能やスタイルのまま、スマートウォッチの機能を取り込むハイブリッド型のスマートウォッチが増えている。機械式の時計にもスマートウォッチの機能が追加されるのは必然だと思います。そんな時代になった時、Apple Watchを選ぶ理由はあるだろうか。ヘルスケア関連の機能をAppleが独占して提供するのは難しいでしょう。
大概時計をつけるのは1つだけ。今後より健康に特化したデバイスになった場合、ターゲットが違うと思っていても予期せぬところから競合が出てくる例として今後の動向が気になるところです。
かなり前からいろんな人にオススメしていますが、いろんな意味でこんなにコスパの良い時計はない。
ただ、付ける人が増えてきているので、そろそろ、コスパは悪くなってきているかもしれない。
現時点ではスマートウォッチは腕時計ではなく、腕につけるイカしたガジェット。
今は腕時計の形をしてるけど、そのうちメガネ型なども増えてくるはず。

でも将来的には、今の服飾品としての腕時計にガジェット機能が付随するのがスタンダードになるかもしれないですね。
している人よく見かけるようになりました。
どれくらい便利なのか?ファッションなのか?
元々時計はつけないのですが、まだまだ進化してから検討しようかなと。
僕はガジェット的な側面よりも、装飾品としてのアップルウォッチには興味があります。 何に合わせたらカッコいいか。多分素直に清潔感のあるパーカーとかですね。

一方で高級時計も宝飾品として、欲しい。

つまり、どちらも僕にとっては必要です 笑
それが趣味で仕事なので。
ウォッチを時計と訳するから議論が収斂せず、言い放しになるのです。watchも元の意味に戻り、体調管理や資金管理といった見張り的になっているかもしれません。
かつて、iPhoneが家庭用ゲーム機市場を大きく侵食すると誰が思ったでしょうか。スマートウォッチも同様に、既存の腕時計市場をリプレイスすると思います。10年かからないでしょう。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
115 兆円

業績