新着Pick
428Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こうした記事の100倍価値のある情報を、
僕のブログでは伝えていきたい。
人気 Picker
「自慢は悪いことではない」ということは、非常に賛同します。しかし自己PRと自慢は、就活では別物でもあります。

自己PRや過去のエピソードにおいて、「個人・もしくは組織の目的」のために、学生自身がどのような行動を取ったのか?その動機は何か?ということを、地方就活生には伝えています。

そしてテキストにするときも、読み手側を意識するようにしています。何でもかんでも言いたいことを書いた所で、理路整然とした文章にはなりません。

履歴書などの提出書類は、部長以上のマネジメント層が初対面の面接時に「何を質問しようか」を考える為のツールです。逆に言うと、学生から「仕掛け」ができるので、得意領域への質問をさせて、自分の土俵を作ることが大切です。
7000人のエントリーシートから350人を選考する時に見ていたこと。

前職の採用担当部長の時の話です。実は、学生さんの自己PRの内容とか、バイトやサークルでの経験というのは、面接官はあまり気にしていません。

学生さんにとっては無二の経験であっても、多くの学生さんを相手にする面接官は、かなり似通った自己PRや経験を聞くことになるからです。

では、私は何を見ていたのか?それは、『この人と一緒に働きたいか?』です。

内定を出すかどうかの判断材料として、自己PRの上手さや学生時代に成し遂げたことではなく、『今、この時点で持っている人間としての魅力』を大事にしていました。

やりすぎが吉と出る時もあるでしょうし、ひょっとすると裏目に出ることもあるかも知れません。

自己PRを検討する時のおススメの方法は、事前に友達に自分の良い点、悪い点を素直に聞いておくことです。

自分の弱みだと思っていたことが、意外にも友人から評価されていたり、その反対に自分が強みだと思っていたことが、友人達にストレスを与えていることもよくあることです。

こういう説明を聞いた面接官は、『この人は、自分のことを正しく理解している』と思います。さらに『組織でもうまくやっていける能力がありそう』と判断します。

なぜなら、他人を理解するよりも、自分を理解することの方がはるかに難しいことを、社会人ならみんな知っているからです。

Good luck!
さまざまなを具体的な3つのポイントなど、その人が本当にやったと思える的を得た内容を話す方に興味があります。

抽象的な話ばかりの方は実際にはやってない人が多いため
ーーー
「私はリーダーシップがあります」だけではダメで、「私はリーダーシップがある方だと思います。サークルではキャプテンに選ばれ、チームをまとめるために、さまざまな努力をしてきたからです」という方が説得力がある。こうした“証拠”を「エピソード」と呼ぶ。
この記事、タイトルだけで分かった気にならないでほしいです。嘘をついてもよいと言ってるように読み取れますが、中身は全然違います。

多くの就活生が理解しておくべき内容だと思いますよ。

現場の人間として補足をします。
面接は、学生同士の会話とは大きく違う点があります。初めてあった人に自分という人間を伝えるというのは激ムズ作業です。世代も違うので、同じ言葉を使っても捉える意味が違うこともあります。

説明不足で伝わらないよりは、説明し過ぎるくらいでよいと思います。(話が長くなってもよいと言ってるわけではない)
そのためにも、自身をよく知ること、受ける会社をあらかじめしっかり調べること、という当たり前のことを丁寧にやっておくことが大切です。
世の中のほとんどは小さな努力の差、そして実行力にあると思います
「やり過ぎの自己PR」を第三者に見てもらって削除してもらうのですね…。
タイトルを見て、いささか焦りました(笑)

適度な自己PRは重要ですし、できればエビデンスも欲しい。
「彼(彼女)は、〇〇に3年間地道に取り組み、粘り強さが買いだ」
と面接官が合格理由を書くことができますから。

私がお勧めしているのは、面接官に話をさせることです。
「私が御社を志望したのは△という理由です。ところで、鈴木さんはどうして御社で働こうと考えたのでしょうか?」

同じような話を聞いてばかりいる面接官には、これは効きます。
自分の名前を呼んでくれて自慢話をさせてくれた相手を嫌いになることはありませんから。
就活では遠慮せず自慢し、落ちても落ち込まない事!
日本人は、「自慢するな」「沈黙は金」と言われて育ちます。しかし、就活の時だけは、思い切り自慢する事が必要です。「何の取り柄もない私ですが、採用していただければ幸いです」などと言っていては、絶対に採用されないからです。
それ以外の重要な事は、「落ちても落ちても落ち込まない」事です。受かると思って受けるから、落ちた時に落ち込むのです。はじめから「宝くじのようなものだから、50社受ければ1社くらい受かるだろう」と思っていれば、10社落ちたくらいで落ち込む事は無いでしょう。
就活は、人生最大の試練のひとつです。これを乗り越えれば学生は1回りも2回りも成長します。頑張れ、就活生!
現実問題、新卒は自慢するスキルが殆どないので、失敗談のがウケますね。
中途は自分のスキル証明が求められるので、自慢に近いアピールが必要かと
新着記事一覧
「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
ITmedia マーケティング
2Picks

自分の業務と育成に追われる人へ。10秒の立ち話で新人を育てる方法
ライフハッカー[日本版]
8Picks

巨人の阿部捕手、2軍監督就任へ 今季で引退、指導者へ経験
共同通信
2Picks

副業を始めるのに"特別なスキル"はいらない - それよりも「自己分析」をするべき
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
7Picks

なぜ人気が衰えない「毎月分配型投信」 経済合理性を超えた投資家心理が支えている
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

【倉貫義人】オフィスはいらない。管理もしない。「軽さ」を選んだアジャイル経営論
NewsPicks Brand Design
6Picks

新卒入社してよかった企業ランキング!2位コスモスイニシア、1位は? - 社員クチコミからわかる「企業ランキング」
Diamond Online
3Picks

新卒入社してよかった企業ランキング【ベスト30位・完全版】 - 社員クチコミからわかる「企業ランキング」
Diamond Online
2Picks

インタビュー/光学技研社長・岡田幸勝氏 ニレコ傘下で事業承継
日刊工業新聞 電子版
2Picks

経営ひと言/ニチアス・丹羽隆弘取締役執行役員「高稼働支える」
日刊工業新聞 電子版
2Picks