新着Pick
108Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本記事によると、ドイツ人の現金決済比率は50%。
実は日本も49%(2016年)でドイツと非常に似た状況です。
ドイツは3年前に比べて5%低下しているとの報告ですが、日本も5年前対比で5%低下。
ドイツが日本よりキャッシュレス化が進んだというより、同様のトレンドと見た方がいいようです。
そもそもインフラが乏しかった中国やインドのキャッシュレス化を礼賛するよりも、より成熟化していて日本に近いドイツでこのような動きが出ていることは注目です。やはり「捨てるもの」が大きい国ほど移行に苦労するはずですゆえ。
日本だけが取り残される笑笑
各国のカード手数料も気になる部分です。中国も一気に広まりましたが、偽札問題よりもその手数料が驚異的でした。日本は3%前後が各種サービスですが、これが何%になれば一気に事業者側が動きだすか今後期待です。
辻さんのコメントが参考になります。ベルリンを中心としたアーリーアダプターと保守的な現金利用者とが混在してダイナミックに動いている最中ということでしょうか。日本と似ていますね。
金融都市のフランクフルトでさえカード決済できないレストランが多いのには驚いたことを覚えている。

現金比率だけでなく、資産に占める現預金比率についても、ドイツと日本は似ている。
http://www.fsa.go.jp/common/about/research/20170321/01.pdf

手触り感を求める国民性は、時に保守的だけど、暖かくもある。
ドイツでもキャッシュレス化が進んでいる。比較的現金派の多い国のドイツでもこの流れが加速しているので日本も遅れをとってはいけない。
3月のG20での仮想通貨への考え方が示される機会を注視してます。
「いくら使ったのかわからなくなるから現金の方がいい」というのは、単純な洗脳だと思っています。
ドイツの郊外に行くとまだまだカードの使えない店舗が多いです。