新着Pick

仏ダノン、ヤクルト株14%を売却へ 協業は継続

Reuters
[パリ/東京 14日 ロイター] - 仏食品大手ダノン<DANO.PA>はヤクルト本社<2267.T>の株式14%を売却する。両社が14日、発表した。併せて両社は、改定した覚書を締結し、インドやベトナムでの合弁事業などを含む協業は継続することを確認した。
33Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2000年前後に不祥事が相次ぎ「ブランド危機」に陥ったヤクルトが、藁をもすがる思いで仏ダノンと「戦略業務提携」を結んだのは2004年のこと。当時、創業家がユダヤ系とされる仏ダノンは、ヤクルトを子会社にする目論見と、誰も疑いませんでした。
ところが、ヤクルト経営陣はしぶとく粘り、「奥の院」に攻め込ませなかったと云います。実のところヤクルトぐらいベールに包まれた厄介な会社組織は少ないと思います。仏ダノンもてこずったはずです。
そして15年という歳月を経て、ヤクルトは仏ダノンを土俵の外に押し出したのだから、大したもんです。
めでたし!めでたし! 
仏ダノンvsヤクルトの「暗闘15年」--。
誰か、ホントの舞台裏、教えてくれませんか。
これだけヤクルトの株価が高いと売らざるを得ないでしょうね。
プレスリリースはこちら。
http://bit.ly/2Eu1W0L
株式会社ヤクルト本社(ヤクルトほんしゃ)は、日本の飲料・食品・化粧品・医薬品メーカーである。乳酸菌飲料メーカーとしては国内最大手。1980年代までは非上場会社だった。国外売上比率は4割。 ウィキペディア
時価総額
1.36 兆円

業績

業績