新着Pick
642Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
12年前、京都で私が主催していた勉強会で、この提案をある学生さんがして来て衝撃を覚えた。

私にとってレストランとは、空間を深めて食事という体験を提供することにそのコアバリューがあるのであって、世の中がデリバリーだらけになってしまっては、食体験というカルチャーを破壊してしまうと私には感じられたからだ。

しかし、その時に、ひとよりは柔軟だと思い込んでいた自分の価値観が、いかに硬直したものだったかということを悟った。


CDからiTunesになったことで、「アルバムを聴く」というカルチャーが廃れてしまったことを嘆いた人もいたが、結局は新しい音楽の楽しみ方が広がっただけだ。

自分で運転しない車なんて意味がないという人が今は多くても、いずれそれがただの野蛮な趣味となる世界がいずれやってくる。


既存の価値を破壊すること。
それこそがイノベーションの本質なのかも知れない。
ただでさえ参入障壁が低い飲食業。
無店舗化がすすめば、新たな淘汰の波が押し寄せるでしょうね。

もっとも、今の日本は配送コストがかかるのでNYのようになるには時間がかかるでしょう。

ウーバーの解禁が大前提ということでしょうね。
日本でも同じ流れは増えています。やはり配送プラットフォームが出来てきたのが多く、固定費(特に家賃)が同じならば、1拠点多ブランド展開で売上の最大化を狙う所が多いです。もちろんWEB上の多ブランドなので立ち上げコストも微々たるものですし。
ネックとしては食材在庫数が増えるので、そこの管理を徹底しないと無駄が生じやすい部分ですね。
それって宅配ピザチェーンとか、宅配寿司チェーンじゃん、という突っ込みに対して記事では「小さいながら店があるか」ということを違いとしてあげてるが、そんなことよりも配送リソースを自社で抱えるか、という違いの方が大きい。配送サービスを使えば誰でも参入できるので参入障壁が低く、あっという間に過当競争になること請け合いですね。フードデリバリーはこれまた中国の進化が早いのでそちらもウォッチすべしですね
容器のゴミがねぇ。。。すごいです、ウチ to go よく頼むので もちろんリサイクル可なんですけど、汚れてたりするとねぇ。。
自宅で食べるのが結局は楽なんですよね。Uber Eatsのようなデリバリーが発達すれば、こういう業態は増えていくでしょう。
自宅やオフィスでの食事だけでなくホームパーティの頻度が上がればもっと需要が日本でも見込めそう。ちなみにPayPalが持つVenmoというP2Pアプリでは、米国ではフードデリバリーの支払いをホームパーティをするみんなで一斉に割り勘で払ったりできるようにしたりしていました。フードのクオリティからデリバリー、そしてより簡単な支払いなど総合的なユーザー体験の満足度が根付くかどうかの鍵ですね。
寂しいので、人が沢山居るところで食べたい時もある。
店がない料理配達は「仕出し」という京料理では確立された形態で、芸者遊びも祝い事も仕出し屋さんに頼むわけですが、それがスマート化でNYにも増えてきたと。よろしゅうおました。
これはわかる。部屋で誰にも邪魔されないで食事したい、って欲求はあると思う。タバコの匂いがしたり、隣の席の声がうるさかったり、リラックスできない環境なら、静かに美味しいものを堪能したいと思うのは人情でしょう。