新着Pick
335Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
直接対話の重要性について。
先日、いまをときめく気鋭のスタートアップリーダーたちが話しているのを伺っていたのだが、オンラインコミュニケーションなんてありえない、と。
大切なのは、対面で直接コミュニケーションすること。
それがスピード感にも、ニュアンスを正しく伝えることにもつながるという。

当然、人にも企業にも、そのフェーズによって最適なコミュニケーションの仕方があるでしょうが、時間効率コストを上回る成果物は、確かに定期的な顔合わせのような共有感あってこそ、生まれるものなのかもしれません。
東京本社の会社で大阪勤務です。レポートラインは東京だし、プロジェクトメンバーも全部東京。そんな僕が感じるのは、やっぱり隣に座って仕事をしたいということ。

僕が不器用だからというのもありますが、リモートワークは思ったより難しい。色々と工夫中ですが、色々と考えないとパフォーマンスは下がるなと思っています。
メルカリでも原則在宅勤務を認めておらずこういった会話が生まれるような仕組みをうまく作っていくことに腐心しています。仕事の基本は人の信頼なのでそこを大切に
> 忙しくなるとついついメールなど効率的なコミュニケーションを偏重しがちだが、「対面や電話で会話をする」ことの重要性は大きい。従業員には常々、メールではなく、直接電話や対面でコミュニケーションを取るように口を酸っぱくして伝えている。
エゴが強すぎないカントリーマネージャーの獲得、その後のコミュニケーションがグローバル展開のポイント。
リモートは、信頼関係をベースに日常的コミュニケーションがあるとより有効になる。
忙しくなるとついついメールなど効率的なコミュニケーションを偏重しがちだが、「対面や電話で会話をする」ことの重要性は大きい。従業員には常々、メールではなく、直接電話や対面でコミュニケーションを取るように口を酸っぱくして伝えている。

ちょうど2週間前も、日本オフィスの1人がNYにトレーニングで来た。コスト面だけ考えれば、わざわざ行く必要もないが、対面の人間関係を作ることは、円滑なコミュニケーションのために重要なこと。多くのオフィスでこのことを徹底することで、フラットなカルチャーをグローバルに維持できていると思う。
そうなんですかねぇ、VRのスタートアップでも
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
82.4 兆円

業績