新着Pick
693Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
深センに住む友人が、『中国政府に実現できないことはない。政府が本気で取り組むか取り組まないか、それだけだ。』と言っていたのを思い出しました。
AIを制する者が世界を制するか? レイ・カーツワイルのいうシンギュラリティの「収穫加速の法則」にあるように,ある水準を超えたAIを最初に開発した国家や機関は,その圧倒的なパワーを使って,さらなるコンピュータ技術の開発が可能となり,他の誰も追いつけなくなる.勝者は一人しかいない.Googleとかもそれを分かっている.
スーパーコンピュータ開発の経緯をみてもこれから中国がAIの研究と開発の両面で世界を牽引していくのは疑いない事実だと思います。

経済力と人口はもちろん、これまでの歴史でアメリカで学び経験を積んだ中国系の人達の層の厚さも含め一朝一夕にはひっくり返せません。

以前東大の松尾先生が日本にも優秀な研究者が育ってきているとおっしゃっていたことには期待をしたいのですが。

日本の戦略は、研究の質とヘルスケアなどこれからの可能性を秘めた領域において、社会での応用を世界を舞台に進めていくことで存在感を発揮できるよう取り組むことでしょうか。

いろんな意味でこれから非常に興味深い領域です。
確かに中国は、AIに巨大な資金を投じようとしています。
しかし中国に対する脅威は、こうした投資規模や人員数に関するものばかりです。

技術イノベーションは、お金をかければいいと言うものでもありませんね。
我々は、物量では勝てないのだから、どの分野の何が脅威なのかを明らかにしていかなければなりません。

例えば、ディープラーニングにしても、中国社会には適合しても、自由社会には役立たない、なんてことも考えられますので、我々は冷静に中国の研究開発に接していけばよいと思います。
日本は世界GDP3位なのに、AIで全く存在感がない。AlphaGoに続くモデルもテンセントに先を越された。日本は税金の使い方を間違えていると思う。もっと若い研究者に直接金を渡して、プロジェクトを立ち上げるべき。リーダーは30代、メンバーは20代。日本語禁止。40代以上には一切触らせない。とにかくやってみなはれ!
Aiに該当する脳は人間で最もコアな部分。
それをバーっと数と力技でやってしまうんでしょうか?
でも、人間の身体は脳だけでは動かないのも事実。
Aiを展開する場面(業界や分野)のノウハウが無いと、囲碁で勝つのがせいぜいになってしまう。
中国はAI市場を1500億ドル規模にすることを宣言。すでにAAAIへの論文投稿数や特許取得数がアメリカに並んでるらしい。自分がイギリスのAI学科にいた時も半分は中国人だったし、これからもっと中国のAI人材は増えるだろうな
アメリカがルネサンスなら中国はバロックといったところか。
「また中国では、全国で30以上の大学で学部レベルのAIコースを作っており、人材をかなり積極的に育てている。」

とのことですが、日本の教育機関はどれだけ人材育成に力を入れているのか。
なりふり構わぬ中国の本気度ぶりが伝わってくる記事でした。
この記事を読むと 中国はAIでも勝利を得ることができるかもしれませんね。でも、中国政府が手なずけたAIになるのか?、民主的なAIになるのか?、気になるところです。
株式会社ルネサンス(英称:Renaissance, Inc.)は、東京都に拠点を置くスポーツクラブの運営などを行う会社である。DICの関連会社。 ウィキペディア
時価総額
468 億円

業績