新着Pick
285Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
無料なんですか。晴れ着問題での横浜市の対応などこれに限らずさまざまな行政の取り組みを見聞きするにつけ「行政の提供するべきサービスとは何か」について議論するべきときがきているようには思います。行政にとって「対症療法の外縁を拡大すること」と「ものごとの本質的な解決を目指すこと」との分別を見極めるだけの知性をわたしは持ちたいと思います。
とても注目の事業です。児童の立ち寄りやすさや、「あー、アイツ!」と言われることがないように、希望者全員に提供する点などの配慮は良いと思います。公民館などの社会教育施設は、「子どもの貧困」問題の施策でもっと積極的に活用されるべきだと思います。
これを行政が行うべきなのかどうか賛否もありそうですが、子供に罪はない。
少しでも多くの子供達が朝ごはんを食べて、元気に学校生活を送れるといいなと思いました。
個人的には、英断だと感じています。
自治体が政策として行うのなら、意義のある取り組みだと思います。しっかりとしたエビデンスがあるのなら、無償化よりも大きな効果が期待できるかもしれません。
公民館ではなく、朝・昼と学校で食べればいいのでは・・・。

結局、足を運んでいる子は「貧困」なのだ、というスティグマを感じることになるし、そもそも本当に貧困の子が足を運ぶのか、という問題もある。

そうであれば、一律に学校で提供してしまった方が効果は高そうに思える。
良いことなのか分かりませんが、彼方此方で無料無料とありますが、その財源はどちらからなのでしょうか?自治体や政府の無料合戦とは、将来に有効なのでしょうか?自治体も政府も自らの身を切らずに税金を上げるだけのようにも見えますが、将来のために良いことでしょうか?
どんな家庭環境だとしても、未来につながる子どもは朝ごはんちゃんと食べて、一生懸命勉強する。さすれば貧困の連鎖を打ち破ることができる。
湯崎知事、これは素晴らしい取り組みですね!
タダほど高いものはないのです。
モラルがあるようで最後はモラルハザードにならなければ良いが。
もちろん、子供は社会全体で育てていくものです。
>約2万5000世帯を対象に初の生活実態調査を実施。いずれも4分の1の世帯が低所得など「生活が困難な状態」にあり…

生活困難?本当かよ。具体的な数字のない報道はやめてほしいわ。
仮にもし本当なら朝食ぐらいで解決しないんじゃないの?
希望者全員が重要。朝食をそこで取る子どもたちは誰であってもいいというのは、子どもにとっても送り出すご家族にとっても安心感があると思う。

このような動きは、いずれ自費でも誰かと朝食を取りたいひとたちへと拡大していくのでは。非営利的な観点としては、お金を払って食事をする第一顧客と、誰かのために食事代を負担(寄付や税金)する第二顧客による負担のない食事のハイブリッド型になっていくのでは。

営利非営利にかかわらず、そういう思想設計、経営運営をするところにひとやモノゴトが集まって来るのではないか。