新着Pick

女性に花を贈る?バレンタイン新風習の実態

東洋経済オンライン
2月14日はバレンタインデー。女性から男性にチョコレートなどを渡す日だ。百貨店やコンビニエンスストアに足を運べば、専用コーナーには数多くのチョコレートが並んでいる。そんな中、バレンタインデーに男性から…
391Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
毎年バレンタインは、花屋が閉まる時間との戦い。早めに切り上げ職場を飛び出て花屋に滑り込み、妻と娘たちに花を買って帰ります。ピンとくる花がなければ他の花屋に行きます。花を求めて奔走している自分は滑稽です。

花って花そのものの商品としての価値より、渡す瞬間の特別な日を華やかに演出する効果としての価値が大きいですよね。合理的に考えるマンには理解できない価値でしょうね。
Q. 男性の皆さまにお伺いします。
『女性はお花を貰っても、そこまで嬉しくないのでは?』と思っていませんか?

お花より別の物を渡した方がいいのか、とか…。
枯れてなくなってしまうものだし、とか…。

大半の男性はお花を貰ったところで首をかしげてしまうかもしれませんが、女性はそんなことないですよ。
とても嬉しいし、お花を見ると、ついつい顔がほころびます。
だって、綺麗ですもん。可愛いですもん。

自分用にお花を買っている女性も少なくないはず。
私もよく買って帰ります。
それこそ、本文にある、青山フラワーマーケットの500円ブーケにはとてもお世話になっています。

自分で買うのではなく…男性から頂いたら…
より嬉しいのは間違いありません。

個人的なイメージですが、“ハンカチ”をプレゼントするのと同じ感覚かなぁ、と。

友達や知人にちょっとしたプレゼントを渡したい時、私はよく男性にはハンカチを渡すのですが、お花のプレゼントもそんな感じなのかなぁ…と勝手ながら。

もちろん記念日や大切な時に大きな花束をプレゼントするのは、素晴らしいこと。

でも、普段のちょっとしたお礼や心遣いでお花をプレゼントするというのも素敵なことだなぁ…と思います。
むしろ、それができる男性ってかっこいい!!(笑)

男性から女性へ、お花を渡す習慣を。
そうなれば素敵だなぁ…としみじみ。。

今はまだ『お花を渡す=キザっぽい』。
そんなイメージがあるのかしら…?
海外では、この日の新聞に男性から女性への愛のメッセージが並び、男性から女性に花を贈る。菓子業界の戦略に乗せられていつの間にか女性から男性にチョコレートを贈る風習になってしまった日本。女性にとっても負担だろう。僕は、この十数年間、周囲の女性には、そんなカネがあるならユニセフに寄付してくれとお願いしている。
青山フラワーマーケットの500円のブーケは本当に使い勝手がいい。500円くらいですが、とてもバランスが取れたブーケになっているし、花はまだまだ高級品と思われているところもあり、プレゼントしても必ず喜ばれる。大きなブーケだともらった側も飾ったりするのも大変だったりするが、このサイズ感であれば、テーブルの上にもディスプレイできたり置き場所にも困らない。
花屋業界はそんなに危機的状況にあるのですか…。

逆に言えば、消費者は買いやすくなったのですね。

花は心が和らぎますよね〜(*^^*)
新風習?というか、元々は、少なくともアメリカでは、そういう日ですよね。カードもお忘れなきように〜
毎年この日が近づくと、モスクの金曜礼拝の説法の話題の一つに取り上げられるバレインタインデー。
去年だったか、とあるモスクの説法で「1年にたった1日だけ感謝を述べるなどもってのほか、ムスリムにとっては毎日がバレンタインデーであり、常にお互いに愛を伝え合わなくてはならない」と言っていましたっけ。
中国ではこの日のバラの値段は3倍になります。必要経費です。

バレンタインデーとは別に、花を贈ることに抵抗感や恥ずかしさを覚える日本人の友人も多いですが、「費用対効果が最も高い贈り物」と話すと、みな納得します(女性には怒られそうですが)。
どちらかと言えば生産者側の視点として、花卉園芸の農産物販売が活性化するのは歓迎したい。実際に事業立ち上げの支援を行なっている福島県沿岸部では、フラワーコースト創造プロジェクトというリンドウやキキョウ、カスミソウといった高単価花卉の温室栽培を進めており、そこに木質バイオマスを活用する算段。

LIFULL FLOWERのようなサブスクリプションモデルで、季節の花を定期的に配送するサービスは面白いと思います。
http://flower.lifull.jp/
「フラワーバレンタインもその1つだ。他にも「愛妻の日」(1月31日)や「ホワイトデー」(3月14日)でも、イベントを積極的に仕掛ける。」

素晴らしい考えです。海外では、バレンタインデーは、男性が女性に花プレゼントしたり素敵な食事をおもてなしする日。

バレンタインデーでは、旦那様や彼氏がオフィスで花を送っていることも見かける。幸せそうで見ていてこちらもハッピーになる。

女性の気持ちは詳しくないが、花を受け取っていやがる方は少ないはず。このようなハッピーイベントはどんどん企画すべき。

金曜日や週末にバラの花一輪だけ、繁華街で変えるのも素敵です。花のもっと気軽に送り合える社会を歓迎します!STAY GOLD!!