新着Pick

ダルビッシュ、カブスと6年契約に合意 最大で総額163億円超の大型契約

Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―
258Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
シカゴか。。遠いな。一度は見に行きたい。しかし、彼はもともと食が細くて色々食べ物やサプリメントを工夫して身体を大きくしているのだそうだ。特にサプリメントのマニアぶりはすごい!そんな彼も和牛を気に入ってくれている。良かった。
まじでーーーー。。。ドジャースタジアムまで車で20分なのに、忙しすぎて一度も見に行かなかった。

まだオリンピックも1秒も見てないし。
Welcome to Windy City!
ダルビッシュ投手、シカゴ・カブスへの移籍との報道が出ています。おめでとうございます。リグリー・フィールドはアメリカ人も「一度観戦したいボールパーク」と言われていると思います。活躍を期待します。

ちなみにシカゴに本社がある企業は次のようです:ボーイング,ユナイテッド・コンチネンタル,マクドナルド,ウォルグリーン,アボット。
おおお、ようやく。キャンプイン1週間前までかかるとは。年俸2100万ドル。イリノイ州の所得税は3.75%、消費税6.3%。カリフォルニア州の所得税最高税率は12.3%、消費税9.75%前後(場所によってちょっと違う)。ドジャースに行くによりは税金安くなるね。連邦税はどこでも同じだし
ここまでの報道なら殆ど決まりだろう。全くこちらの予想だが、今回はかなり好き嫌いでチーム選定をしたように思う。もちろんお金だけではないので、問題ないが、一時カブスはノートレード条項の含まれるという報道もあったので、苦悩した結果受け入れたのかなとも察する。
ところで、この契約には疑問を持つ。ダルビッシュ投手がどうのこうのではなく、投手に6年契約は長い。MLBはここの部分の早急な議論に入るべきである。もちろん選手によるが、長くても何年という上限を決めるべきである。サラリーキャップ制を認めない選手会なのだから、それを元に交渉すべき。大型契約して、お荷物だとか、給料泥棒だとかいうくらいなら、さっさと新しい制度を導入すべきでしょう。日本も同じだが、サラリーが高すぎる。サラリーベースを基にインセンティブを大きくすべき時代であろう。
あらら。ワールドシリーズ後に職場に着ていけなくなったダルビッシュのドジャースT、幻の一枚となったな。
ダルビッシュがドジャースに移籍した時は、勝てるチームで投げたいと言っていたのが印象的だった。カブスは、2016年に奇跡的にワールドシリーズを制覇したが、元々は勝てない、球場は古くて平日のデーゲームが多い、にも関わらず熱狂的なファンが多いのが特徴だった。ダルビッシュを獲得して、カブスは勝ち続けるチームに変身するのだろうか?
個人的にはドジャースに戻って帰して欲しかった。しかし、カブスでの活躍を楽しみにしています。
「最高額を得るには、複数回のサイ・ヤング賞獲得などが条件になる」ハードルは高いが、最高額を得るくらいの活躍を期待したい。ダルビッシュ選手ならできると思う。
あっという間にLAからいなくなってしまった。。。