新着Pick
464Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
刑法256条の盗品譲受け等罪は「物」を対象とする犯罪であるが、仮想通貨は「物」ではないので、同条の適用はないのではないかと思われる。やや技巧的だが、実際には権利を有しないのに権利を有するかのようなデータの状態を利用して他の仮想通貨に交換し、利益を得ているので、「財産権の得喪若しくは変更に係る虚偽の電磁的記録を人の事務処理の用に供して、財産上不法の利益を得」たとして、刑法246条の2の電子計算機使用詐欺罪の成否が問題になるように思われる。
警察の動きが早い!日本語でやりとりしてたともいうし、日本人が犯人の可能性はありえそう。そうなると解決の可能性は高まる >日本人男性が、流出したネムの一部を匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを介して、他の仮想通貨と交換していたことが分かった。
追記2)
松本さんもありがとうございます。むむぅ。。。
物じゃない。。。たしかに物じゃない。。。
nnao45さんもありがとうごさいました!
利便性でいうとライトコインに換えるよりも適切な仮想通貨があるんですねぇ。

追記)
数多の仮想通貨がある中で、ネムをライトコインに交換した意義をご存知の方、ピンとくる方がおられたらぜひ、お教え願いたいです。
林さん(弁護士)さん、刑法256に当たる可能性があるのですね、条文まで!ありがとうございます。

原文)
よく突き止めたなぁと思いました。しかしあくまで任意聴取。
この男性の行為を捜査当局がどうするかは知る由もありませんが、一般的には盗品と認識して売買するのは盗品等関与罪(だったと思う)になる気も・・・
あほだなー。バレないとでも思ったんかなー
興味本位なのか、それとも犯人の関係者なのか、続報が待たれます。流出通貨と認識していたところまで突き止めているのはすごいですね。
犯人とは関係ない個人が面白半分でトライしたのだろう。

どうやって個人を特定したのだろうか考えてみたが、このサイトでのトランザクションに用いられたウォレットに国内取引所のウォレットからそのまま送金があったとか、国内取引所のウォレットをそのまま使用したとか、そういった所でしょうかね?
ちゃんとサイバー警察は追いかけていたようです
仕事として一日中張込みができて逮捕まで動ける部隊がいると、今後のサイバー犯罪への抑止力になる
スキルとノウハウをためながら、プレッシャーをかけつづけていただきたい
おそらくオトリなんじゃないかと…その裏で色々動いてそうな。
ネム財団は自動で追跡出来る様にしただけで、交換を不可にした訳ではないのだけど。大きな貢献はしていると思います。
警視庁サイバー犯罪対策課
https://goo.gl/ywivVA

いつか、刑事物のドラマも、こういうところが題材になっていくのでしょうか…