新着Pick
595Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
諸外国では謝罪するのは自分の非を認めることで忌み嫌われますが、アジア諸国では非常に重要な意味を持ちます。

2006年に発生したシンドラー社のエレベータ事故を例にあげます。事故を起こしたエレベータの管理は別の管理会社が請け負っていました。責任はその管理会社にあるといってよく、シンドラー社には非はありません。裁判の結果もそのような判決が出ています(下記参照)。それにもかかわらず、謝罪会見でのイメージの悪さからシンドラーは事故以後1台も日本で売れず撤退を余儀なくされます。

とても考えさせられますし、謝罪の難しさを痛感させられます。


いわゆる「シンドラー事故」/「独立系」エレベータ会社
http://psalm56-dove.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-0a37.html
リーダーがメンバーの力を引き出すために大切なことは沢山ありますが、心からの「感謝」と「謝罪」はとても大切だと思っています。

リーダーシップのあり方ややり方は色々あるので、完璧なリーダーを演じるというやり方もあって良いと思います。

ただ、変化の激しい時代において、リーダーがいつも正解を示すことはできないですし、何よりどんなリーダーも不完全な人間です。

間違えた時の心からの「謝罪」は、メンバーをチームの仲間として認めている証であり、逆にメンバーからの信頼に繋がることも多いです。

1. 間違いを認める
2. 弱さをさらけ出す
3. つぐないをする
4. 今後の方針を透明化する
5. 自分を許す
世のビジネス書やNPに取り上げられる記事にはリーダー論を扱ったものがやたらと多く、「皆そんなにリーダーになりたいのか」と若干辟易していましたが、ここに書いてあることは組織人すべてに通じますね。

翻訳記事ですが、「我々が謝罪を嫌うのは、自分をさらけだすことになるからだ。」の部分はちょっと違和感。
日本人はもっと謝罪のハードルは低いけれど、謝罪の後の解決にフォーカスが向いていないことがしばしば。

政治家や社長の引責辞任とか、ワケわかんないでしょう。
「自分の心のうちで過ちを認め、生じてしまった損害を受け入れ、そこから学び、自分自身を許すまでは、謝罪は完全には終わらないのだ。」(記事引用)

本記事で指摘している5項目の中でも、2番目の「弱さをさらけだす Be Vulnerable」と5番目の「自分を許す Forgive Yourself」は一対のものであり、失敗から学び成長するための本質を示してくれて、ありがたい。
内容は勉強になりました。
タイトルが「謝罪の技術」よりも「謝罪をする上で大切にしたいこと」にした方がいい気がします。技術というとどうしてもテクニカルな印象がしてしまうんですよね…。
謝るステップにも進めない方も残念ながらいらっしゃいますね。
先月、紅白やのど自慢で司会をされていた元NHKアナウンサーの松本和也さん(現話し方コンサルタント)にレベルの高い謝罪方法について伺いました。

この記事にはありませんが、謝罪はファンづくりの場にする。うまくいくかどうかは感情の選択と感情の入れ方次第というのが印象的でした。

たいていの謝罪は保身が主となり聞き手の心理をとらえられていないようです。
親のあり方にも通ずる気がします。
一方、何くそと悔しがるプライドも成長には大事。あくまでも客観性をもち、悪いものは悪いと認める態度と同じぐらい悔しがる気持ちは悪い感情ではないと思う
good job!