新着Pick
The Wall Street Journal
米国でアマゾン・ドット・コムが企業を顧客とする宅配サービスの開始準備を進めている。実現すれば、UPSや フェデックス と直接競合する形となる。 事情を知る複数の関係者によると、新サービスは「シッピング・ウィズ・アマゾン(SWA)」と...

この記事は有料会員限定の記事となります。

436Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AWSを逆から読むと、か。日本の宅配便はヤマト、佐川、日本郵便の三社がそもそも配送コストの低い狭い国土で競合していることもあって、アメリカよりもコストダウンとオプティマイゼーションがはるかに進んでいる。ゆうパックのサービスレベルは他二社に比べて数段下がる印象だが、アメリカの宅配サービスの状況はそれよりもはるかにさらに低いクオリティと思われるので、Amazonもやりがいがあるだろうなあ。

既存の宅配サービスにないAmazonの強みは、やはり膨大な注文情報のデータになるのだろうか。それを活かすにも日本だと中規模の運送会社を買収して、ドローンやUber Eats的な配達の仕組みも取り入れつつ、Amazon向けに最適な仕様にアップデートしたほうが早そう。

また、日本でも当日配送のインフラはまだまだこれからだと思うので、カクヤスを買収して都心を小規模の配送センター兼店舗で網羅しながらシステムを構築するとか、こちらも自社での当日配送に力をいれているヨドバシカメラを買収して、大規模な実店舗と合わせて展開するとかも面白いと思うんだけどな。
アマゾンが宅配会社をやると聞くと、すごいな!と思う人は多いと思います。

しかし、企業からの集荷と言えども、アマゾンに出店している企業からの宅配です。

本当に、アマゾンは、自社のマーケットプレイスや自社販売の
数量の伸びに足かせをつけるようなことをするだろうか!?

自社だけで、まかなえるという自信があれば、やるでしょうが、
UPSもフェデックスもありますからねー
彼らが、冷ややかに「なら値段を上げるよ」と言われたら、困るのはアマゾンです。

角井は、アマゾンの宅配会社化に、いつも懐疑的に思っています。

世間が、アマゾンが宅配会社をやると言っても、角井がすんなりと納得できないのは、
こういう理由です。
ついに来ましたね。日本でも同じ動きとなるはずです。流通業の形が変わる一里塚となるはず。
日本に来るとしても、下請けやクラウドソーシング活用でヤマトや佐川を追い詰める気しかしません。M&Aはないと思われ
ラストワンマイル部分へのトラックは、物流の本命。記事にもあるように航空機はAmazonは自前投入(あとメーカー→Amazon倉庫も昨年に試験という報道があった)してきたが、トラックとなったときにUPSやFedExがどう動くだろうか?
UPSやFedExにとっても大口顧客、また利用者から見て、もし物流企業が拒否をしてモノが届かなくなったら、それは物流企業のイメージを損なう。裏側で壮絶な政治・プロモーション含めたバトルが繰り広げられそう…

航空機進出したときの記事は①・②、メーカー→倉庫のテスト報道は③。
https://newspicks.com/news/1707019
https://newspicks.com/news/1438637
https://newspicks.com/news/2539966
ケイパビリティのオープン化は、流通サイドプレイヤーにとってはお手軽な新規事業。
AWSならぬ、SWA。ネーミングまでイケてますね。まずは通常の輸送手段 + 彼らのロボティクス技術で、安くて早い物流を実現するということでしょうが、その先には自動運転、ドローンと控えていると思うので、AI時代の物流サービスがどんなものになるのか、ワクワクしますね。
すごいな。AWS(アマゾンウェブサービス)で自社のクラウドサービスを他に開放したみたく、今度はロジスティックスを開放するんですか・・・。南米みたいなロジスティックに問題ある地域ではECの勢力図も塗り替えそうだな。これからアマゾンが本格展開する局面だしなあ。
日本でも「Amazonの配達です」と来ますが、外部の業者への委託です。

いかなAmazonとて、配送社員を新たに募集するとは思えません。
既存の物流に全面的に殴り込みをかけるのは、リスクが高すぎるしAmazonらしくありません。
先日の楽天もそうですが、Amazonも配送へ。値段も既存宅配業者の下を潜ってきそうですが、そうなるとまた各社との交渉などが一気に進んでいき、流通のあり方が変わってきそうです。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
192 兆円

業績

フェデックス・コーポレーション(FedEx Corporation)は、空路や地上で、重量貨物やドキュメントなどの物流サービスを提供する世界最大手の会社である。220の国と地域で取り扱いを行っている。 ウィキペディア
時価総額
6.62 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン