新着Pick
851Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
このような取り組みで大切になるのはオフライン企業であるイオンさんが、何を成し遂げたいのかをオンライン企業側にしっかり伝える事、意思を表明すること。

オンライン企業と組めば何かが起こる、変わると考えているならそれは間違いだ。

方針を固めただけでは何も始まらない。

ボールを持っているのは、オフライン企業であるイオンさん
であることを忘れてはならないですね。
「リアル店舗とネット企業による対アマゾン勢力が次々と立ち上がっている」という構図が報じられてますが、いまいちピンときません。
西友、イトーヨーカドー、イオン等がネット企業と組んで強化しようと試みているのは、食品や頻度品(日用雑貨)を手がける「ネットスーパー(食品EC)」の分野ですが、この領域においてはアマゾン(アマゾンフレッシュ)は王者でも先行者でもありません。むしろ新興勢力です。

では、食品や頻度品の宅配という分野で圧倒的な基盤を築いている真の王者は誰か。
答えは生協(コープ)です。しかも、圧倒的な絶対王者です。
記事が伝える各陣営の食品ECの売上は数百億円レベルですが、全国の生協(コープ)の宅配事業の総売上高は実に1.8兆円。
まだ「方針を固めた」報道で、プレスは出ていない(12時20分現在)。
報道を真とすると、国内はAmazon、楽天・Walmart、SB・Y!(+アスクル)・イオンの3陣営に分かれる形に。
セブンはそこに加わっていないのと、ヤフーからの流れでファミマが加わってきたりしないだろうか(ヤフーとファミマはジャパンネット銀行やTポイントつながり)。ただ、記事に出ているように、セブンはアスクルと組んでIYフレッシュをやっているのがちょっと歪なところ。
https://newspicks.com/news/2352195
この連合をもってしてもAmazonに勝てるとは思えないが。
率直に驚きました。アマゾンに対抗するための構図がここにきて明らかになり、今後の業界の先行きが大変気になります。
アマゾンより高く仕入れれば、製造元がついてきます。
アマゾンより安く売れば、ユーザーがついてきます。

でも、これで利益が出るかな。
動きが遅いなあ、という感想は否めませんが、今後10年単位でどんどん伸びていくことは確実なので、どんなに遅いタイミングでも、先延ばしするよりは早いしやらないよりは、今すぐ注力すべき分野。
まだまだ検討レベルのようですがどうなっていくのか注視したいところです
面白いですね。
イオンがデジタルシフトを強く意識していたのは中期計画の発表が遅れていた(12月に発表済みです)ことから滲んでいましたが、楽天という芽がなくなった以上選択肢はなかったと言えるでしょうか。WMTの積極的なデジタルシフトも参考になったのでしょう。イオンとしてはカニバリ・リスクも気になるところですので、どこまでアクセルをどう踏むのか、見てきたいと思います。ヤフー参加のアスクルはセブンと協業していますので、この交通整理も必要かもしれません。ただ、セブンはコンビニの強みを磨くのが基本線であることに変わりなさそうです。
PS
主体がソフトバンクKKなのか、SBGなのかも気になりますね。KK上場に向けたエクイティストーリーの中に組み込まれることでしょう。
TポイントとWAONポイントの連携はどうするのでしょう?しないのかな?
3社とも携帯電話事業をしている。スマートフォンユーザーを共同運営するネット通販へ、どんな形で送る込むのだろう。

上手くいくかどうかは、イオン次第。SoftBankに対して、どのくらい譲歩出来るかだと思います。SoftBankとヤフーは親子関係がハッキリしていますが、イオンはSoftBankの思惑通りに動いてくれるとは限らない。主導権争いになるようだと、船頭多くして船山に上る、となってしまいそう。