新着Pick
199Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
133万人のDNA採取とはすごいですね。
「ほとんどの遺伝子はわずかな影響力しかない」というのも少し残念ですが逆に捉えれば大体の人は生活習慣で治る可能性が高いという事でもあります。

日本も不眠で苦しんでいる方も多いです。
治し方も含めて先日記事を書きましたのでご参照頂ければと思います。
「睡眠薬は3ヵ月で依存する。」
http://okusurinet.xsrv.jp/2018/01/11/sleep/
何の要素が根本原因かがわからない時に研究領域でよく用いられるのが大規模スクリーニングという手法。まさに、当社の技術責任者が筑波大学時代に8000匹のマウスを大規模スクリーニングして睡眠制御に関わる特定遺伝子を発見した2016年に発表されたその論文が「Forward genetic analysis of sleep in randomly mutagenized mice.「ランダム変異マウスにおける睡眠のフォワード・ジェネティクス解析」」

睡眠領域特に人間の眠りはまだまだ分かっていないことだらけ。そして1つの因子で説明することが難しく、あらゆる因子(ストレス、環境、遺伝子、生活習慣など)によって制御される。睡眠はまさに多変数関数です。