新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

636Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
柳川先生の頑張らない独学術、3回目は読書テクニックです。柳川先生は、勉強でも、読書でも、メモやノートの作成、ライン引きは一切しないそうです。記憶力がいいからではありません。そもそも記憶することよりも、大事なことがあるからです。本の読み方にも工夫があります。勉強とは何かという本質的なことを考えさせられます。漠然と大事そうなことをメモしながら本を読んでいるだけでは凡人のままだと痛感しました。
「本はケンカしながら読む」なるほど。
メモについては、アンダーラインを引くとかは確かに記憶に残らないとは思いますが、図解をするとか、構造化して考えてみるのは理解を進めるのに助けになると思っています。
僕が本を読むときは、一度に同種の本をたくさん読むようにしているのですが、全て目を通すのではなく、適当に飛ばしながらざっと流し読んで全体を把握する→気になるところだけちゃんと読む→理解したことを書き出す
ということをしています。
大量の情報をどう処理していくか。メモはとらない。批判的に読む。とても有益なインタビューだと思います。
NP記事もツッコミを入れながら読んでいるので、よくわかります。今回もそうします。メモについて。メモは見返すことができれば効果があると考えます。関連するテーマに触れた時、必ずメモや本を見返すようにしています。
NPを活用して、人生を変えよう。
圧倒的同意。あと本質は、どうせ繰り返されるから覚える


なぜなら、究極には「自分が覚えていることだけが大事なこと」だからです。わざわざメモをしないと覚えていられないことは、自分が本当に大事だとは思っていないことです
ほとんど手癖で折り目はつける。
> 記憶力は悪くても特に問題ありません。
なぜなら、究極には「自分が覚えていることだけが大事なこと」だからです。わざわざメモをしないと覚えていられないことは、自分が本当に大事だとは思っていないことです。

わ、記憶力サイテーの私には心強い!
NPってまさに「ニュースを喧嘩しながら読む」メデイアだと思います。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。