新着Pick
103Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
|AIがどういう事を考えているのか、そこで使われた
|プログラムをみて、私達に理解できるだろうか?
|断言するけど、普通の人には絶対にできない。

半分正解、半分間違いかなと思います。
学習されたAIを説明するAI技術の開発も始まっています。例えば、
http://journal.jp.fujitsu.com/2018/01/23/02/

もう一つの側面は、ある課題解決にそもそも説明が必要か、という点です。これは課題によりけりです。医療なら間違いなく説明が欲しいでしょう。一方、ネット広告なら説明不要な場合が多そうです。クリック率さえ高まれば十分ですから。

新卒採用は微妙です。1万人から1千人に絞る書類選考なら、AI任せも一つの考え方です。絞った1千人分をしっかり読み込む方が、最終的に良い人を採れる可能性が高いかもしれないからです。
『部署内で「採用は非常に責任がある行為だから、AIが出した答えに本当に合理性があるのかを二重にチェックする必要がある」という事になったのだという』

企業の採用担当責任者であれば、真っ先に思い浮かぶ懸念事項です。

説明責任を果たせないのは、特に外資系企業では致命的です。

『責任をとれるAIの開発』は、新しい開発テーマになるかも知れません。
使い方次第かな、と思います。

例えば、医療分野では術後の予後予測などはかなり古い技術が使われています。これは、根拠の説明が容易だから。一方、ガンかどうかの診断は深層学習が医師の能力を大きく上回るし、説明不要だからどんどん導入されそう。