新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

630Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
のっけから「テスラに出遅れ、反省しています」。あまりの素直さに驚き、目を見開きました。

トヨタにおいて、EVと電池事業の“全権”を任されるMr.電池こと安部常務理事。プロピッカーで国際自動車ジャーナリストの清水さんがズバリ切り込みます。本日は、お二人の対談をお送りします。

ちなみに安部さんの記事は、昨年11月にお送りした記事も、トヨタを理解する上でオススメです。あわせて御覧ください。
【トヨタ幹部】われわれがEVに出遅れた? 本心を全て明かそう
https://newspicks.com/news/2655368/
改めてこの世界の一大EVブームは、中国の自国産業振興目的のNEV規制、米国カリフォルニアのイノベーション促進目的のZEV規制などによる、官製主導ブームであるとのトヨタの認識がわかる後半の議論です。

各国が自国に産業資本形成を目論んでいるという意味では、保護貿易的でもあるし、富国強兵的でもある。
トヨタにせよホンダにせよ、今の世界自動車大手はもともとは軍需で栄えた会社、今回のEV革命では軍事ではないものの、国家間のイノベーション競争、テクノロジー戦争の担い手として再び国際競争の主役となる構造、ゆえにトヨタが、そのEV戦略が、国家の一大事であるとも言えましょう。
こういうことを言うと嫌われるのでしょうけど。。。EVはいいのですが、今回の大雪のように、多くの自動車が雪に丸2日以上閉じ込められた時、どうなるんでしょう?今の車は暖房のためにエンジンをかけたりできるんですが、暖房のために電池を使ったら、あっという間になくなりますね。燃料がなくなったらガソリンや軽油を補給できますね。大雪の中、多くのEV車が立ち往生したらどうするんでしょうか、人間は凍死しますね。道路から非接触で充電できるようになるのでしょうが、そんな道路が雪国の田舎にできるのはいつでしょう。電池はどれくらいの期間、持つのでしょう。劣化した300kgもの電池を載せ替えるのにいくらかかるんでしょう。
あまりにEVが礼賛されているような気がして、こんなことを考えてしまいました。
「弱さ」がとても印象的なインタビューだし、それが「強さ」だとも思う。
取材をした池田記者がコメントされているが、素直な反省、何ができていなかったかをどんどん認めている「弱さ」。

個人的に興味深かったのはWell to Wheelも組み合わせたカバー率の議論。新型プリウスPHVは、そしてそのシナリオのど真ん中に乗っているというのも興味深い。

一方で、もう一息聞きたかった点はバッテリーについて。Teslaは汎用バッテリー(とはいえ、レシピはカスタマイズではあるが…)で、冷却含めた制御技術を売りにしている。そのなかで、トヨタとして一時は業務資本提携までしていて、制御だけでなく実際に自社でやったほうがよいと至った背景はもう少し知りたかった。
これ。

“充電が自動でできるようになった瞬間、今のガソリン車より便利になりますから。”

https://newspicks.com/news/2655368/
電池の進化もさることながら、その使い方やリユースまで視野に入れてやっていく。このことは最近になってトヨタが考え始めたことではなく、何年も前から取り組んでいることです。私もかつてHV用電池のリユースについて、トヨタに取材させてもらったことがあります。

インタビューではテスラやノートeパワーのような製品を世に送り出せない、トヨタの企業哲学からはなかなかチャレンジできないトヨタの「石橋を叩いても渡らない」慎重さの変化も垣間見えますね。
ラストフェラーリか…なるほど。対談はとても面白いですが、ハイブリッドからEVへシフトする事の難しさが滲んでるようにも読めます。
車載電池の再利用、ピーク時の電源として使う、これからの「電池のビジネスモデル」まで視野においてEV時代を考えるトヨタ戦略、なるほど、というところがあります。
先日CESであった自動運転のプラットフォームとEVだけでなくエネルギーインフラとしての電池のプラットフォーム。つまりはこの二つを使ってサービスの会社になる。
これがトヨタの未来だとすると、非常に面白いですね!
ここでは「驚きの収益モデル」の具体的言及はないが、日本、そして世界のリーディング企業であるトヨタの動向は気になるところ。
この連載について
世界がEVに舵を切った。EV化する2030年の世界、主役はエンジンから「電池」に変わる。時計の針を巻き戻した2018年、世界はどう動き出したのか。トヨタは世界をリードし続けるのか。その最新動向をレポートする、NewsPicksオリジナル連載。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内で「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの株式を16.48パーセント有する筆頭株主である。 ウィキペディア
時価総額
23.2 兆円

業績

パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。家電業界で国内首位。家電、白物家電世界5位。リチウムイオン電池や航空電子機器、業務用プロジェクターで世界首位。 ウィキペディア
時価総額
3.73 兆円

業績