新着Pick
157Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
米銀に勤めているとき、女性から「全部盛りの人生」という体育会系ワードを聞いたことがあります。

ロールモデルとなる米銀の外国籍女性パートナー。高年収、結婚し複数のお子様ありです。このお方が社内の若手女性プロフェッショナルに伝授した全部盛り人生の秘訣。曰くに「まず優秀なフィリピーナナニーを3人雇う」。

聴衆の日本人女性プロフェッショナル全員が思ったことは「参考にならねー」
偏見かもしれませんが、女性はロールモデルを求める傾向が高いような印象があります。でも、それって自分で「ガラスの天井」と「ガラスの床」を作ってしまってるんではないかと。

以前、Buzzfeedですが、こんな記事がありました。

女性には「天井」だけでなく「ガラスの床」がある。 https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/garasu-yuka?utm_term=.qkAx7bgGj

女性、と一括りにすること自体に問題があって、例えば、自動車レースのF1のレースクイーンに目くじら立てる女性もいれば、あの場を目指す女性もいるように、キャリアを考える上でも色々な立場があって当然なのに、どうもロールモデルというのが、逆にいろんな足かせになっている気がして仕方がない。

「ありのーままでー」というディズニー映画の主題歌が子供から大人まで、特に女性を中心に流行ったことがあったが、それは、そうありたいという女性の内なる願望を歌ったものだから、と私は密かに思っているのだが、それもそれで、主人公の苦しさに女性が共感した証左とも言える。

もしかしたら、ロールモデルがどうの、という議論がなされなくなって初めて女性は自由になれるのかもしれない、と思う次第。そういう意味では、この対談は、女性が自由に向けて歩くための一つの取り組み方なのかもしれない。

ちなみに男の私は、生まれてこの方、「ロールモデル」というものは持ったことがありません。あえて挙げるならば、ベンチマークという意味では父親くらいでしょうか。
前田梓さんのコメントを受けてロールモデルがいるか考えてみましたが、意外に思い浮かばない。

じゃあ、以前にロールモデルがいたかと考えると、大学1年生の時にはロールモデルとなる先輩が沢山いました。その先輩方が皆4年間で卒業していなかったので、「ビッグな人は5年大学に行くものだ」とインプットされ、その結果大学卒業するのに6年かかってしまいました(笑)

きっと、そうした節目のスタートではロールモデルも思い浮かべやすいのかもしれません。逆に一定期間働いてしまうと、ロールモデルというよりもパターンとして多くのケースを知るようになるので、その中で選択していくようになるのではないでしょうか。

追記:
比較的皆さんロールモデルいらない派のようですが、私は育休取るときに、本当は長期時短勤務を取りたいと思っていました。数週間の育休でできることなどしれているので、それよりも毎日少し早めに妻のサポートができる方が実としてありがたいと。しかし、これについてはまさにロールモデルがなく。結局、分かりやすい育休で「県知事も取りましたしね」という所でしか落とし込みができませんでした。そういう観点ではロールモデル、欲しいなとも思ったりします。
実際は、ロールモデルがいるとかいないとか、作るとか作らないとか言っていられないです。

子供の個性、家庭の状況(実家の支援の有無、夫の仕事状況)、経済状況(同じ職場の女性であっても、夫の稼ぎで経済状況はかなり変わる)そして一番大切だと思うのはなにより自分の体力・気力。
条件が全て同じ人なんていないのだから、参考になる人の話は参考にすればいいし、そうでない話は一般論と終わらせる。
情報収集は必須だけど、優先順位決めて、できることから一つずつやっていくしかないし、自分の幸せは自分で決めていくしかないとおもいます。

とりあえず、私の最優先は、子供と楽しくいること、ですね。
どれだけ仕事ができても、子供といるときに楽しくいられないのは子供産んだ意味ないなーと思うから。
子供好きじゃないけど産んだからには子供も一緒に楽しくいきたいものです。
男性も同様かと。昔に比べて、キャリアの多様性は日本でも増してきている。ワークライフバランス・ミックスも個々人・家庭によっても違う。
様々な人がそもそも世の中にあるから、そこから自分なりに「選択と集中」をすればいいと思う。でもあくまで「選択と集中」で全部盛りはできない、なんでもうらやましいと思わないで自分が好きなこと・やりたいと思えること・やらなくてはいけないことのバランスを個々人が作っていく時代かと思う。
女性の復職環境はまだまだ厳しい気がしています。

形式的にはその会社や部署に戻ったとしても、
同じ現場が復職後もあるかどうか…不安になります。

さらには…
自分の立場と重ねた話になってしまいますが、
『専門職』の職場復帰となると、実は難しい環境もあるような気がしていて。

“専門”ということは、
その自分が空けた穴を埋める専門分野の人を別に投入するわけで。
復職後、同じ穴に戻ろうにもその穴にはすでに人がいる。。。という状況になるのです。

…となると、また新しい自分の居場所を切り開いていかなければいけない。

復職後には大きな壁が立ちはだかっているように私には見えます。

サイボウズさんのように、“働くという環境”では徐々に復職を後押ししてくれる企業は出てきていると思います。
ただ、“職種”や“企業”など、立ち位置でこだわりたい人の復職はまだまだハードルがあるように感じています。
私のロールモデルは前田慶次郎利益です。
新しいロールモデルを作って、時代を先に進めるという意味では、男性のロールモデルの方が必要じゃないかと思います。
とにもかくにも、古くさい固定概念にとらわれない柔軟な思考が大事かと。先ずはトップが変わることですよね。I.e.メルカリ社長の育休etc
ロールモデルという用語が叩かれていますが、単純に「実際に存在する事例」ですね。家庭をもって働いている女性、という存在が「想像上の動物」に過ぎなければ、そこで自分がそうなれるとは到底思えません。

私が大学を出て最初に就職した会社では、私が「均等法」第一世代だったので、女性の管理職は一人もいませんでした。だから、どんなに頑張っても、自分がそうなれる、というイメージがまったく沸きませんでした。二番目の職場であるNTTでは、すでに何人も女性管理職がいましたが、家庭をもっている女性はいませんでした。それでも、ここならなんとかなるかな、という希望が少し持てました。

自分がパイオニアの場合、自分が想像上の動物になろうと頑張ってもその努力が無駄になる可能性が大きく、リスクが大きく、努力をするのをためらってしまいます。そういう意味だと思います。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア