新着Pick
433Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近の米国での97,000人を対象にした消費調査では、「人が介した場合、顧客ロイヤルティへの悪影響が4倍高まる」との衝撃的な結果。私は、頭を抱えましたよ。人と人との繋がり、つまり「人肌」こそ、ビジネスに残る大切な価値と考えていましたから。

ただ時代は、私たちの過去の体験よりも、先に向かいはじめているようです。

確かに車のレンタルのような場合には、対面することによって、借りたものを大切に使うから事故率は減るだろうし、顔見知りになるから、評価は高まる。しかし・・・、残念ながら、ビジネスとしては、結局、手間がかからないほうに、軍配があがることになる。

人肌を感じる有人のガソリンスタンドと、気を使わなくてすむセルフのガソリンスタンドでは、誰も、好んで有人のガソリンスタンドにはいかないのと同じです。

人に会わないから、「脳を使わなくなる」ということではなく、その空いた容量で、「どう脳を使うのか?」が、大切な問いではないでしょうか。
ホヤの衝撃の生態…
そこばかり頭に残って離れないのが正直なところだが(笑)、対Amazonは個人的にはあくまでニッチだと思う。Face to Faceでも品質が色々ある、そしてそれがないにも関わらずAmazonがこれだけ勝っているのは、トータルの利便性や価格、購買体験として優れているから。
セグメンテーションがキーで、そこへの投資(設備・人財・マーケティング)で購買意欲を起こせて、他社に勝てるか。全員が同じように動けばあっという間にレッドオーシャンになる。
差別化戦略は、あくまで明確に差別化できる領域を絞り込んで、鋭くそこに賭けることが重要。
"やっぱりFace to Faceで会っていると、たとえそれが一瞬だったとしても、なんとなく相手のことが気になるということのようで。"
間違いなく気になりますよね。そのくらい人間って弱いもののような気がします。弱いというか優しいというか、誰も見てないと悪いことをしても平気なところがあります。顔を合わせてないと人のものという気がしないんじゃないでしょうか。だから事故が増える。でもちょっとした事で持ち主のことが気になる。これを人肌っていうのはすごく良くわかります。
気持ちが高ぶるのは単純ですが抑圧と解放のバランスで、より長い抑圧を耐えた後の解放ほど気持ちのいいことはなかなかありません。
しかし、大概の必要なもの、美味しいものもすでに身の回りにあったり、あるいは欲しいと思ってから手に入るまでにネットを使えば数秒しかかからない今は、こういうドラマチックを自分で演出する必要があります。
野菜づくりはその点いいんです。収穫まで一定の時間が確実にかかる。その間のマメな努力も必要です。
人間関係も維持努力を時間をかけてしなければならないからホヤ化へのカウンターになるように思います。
連載「石川善樹のウェルビーイング」、昨日に続き、本日は「人類総『ホヤ化』の危機。小売業がAmazonに勝つ道は?」です。

「ホヤ」の生態を初めて知ってビックリしました! 人類はいずれ総「ホヤ化」する、そして 脱「ホヤ化」に小売業がAmazonに勝つためのヒントがあると石川さんは語ります。
ホヤは安住の地を見つけると自らの脳を消化してしまう・・・知らなかったですが、興味深いですね。
確かに必要度の薄いものは退化する。スマホ依存が考える能力を低下させる。検索エンジンが記憶を退化させる。その延長線上に、楽な消費行動が選択能力を低下させるのだと思います。
まだ、しばらくガラケーにしときます。
人肌というのはまさにですね。ラストワンマイルや過程のなか、前段にストーリーをどれだけ感じられるか。この辺りはとても重要になってきますね。
話題がそれますが、東北ではホヤは一般的な酒の肴ですが私のような九州出身者からすると狂ってるような不味さで好き嫌いが分かれるものです。ただ気仙沼で食べた新鮮なホヤはすごく美味しかったです。
巨大になりすぎると、大男、総身に知恵が。。。と言うことになり、滅びて行くんですね。大企業はそういうリスクがあるんです。組織が硬直化、官僚化するんですね。これに例外はありません。地球上どこでも起こり得ます。規模を追求しなくたって利益を享受できるんですね。飲食業で一番儲かるのは、夫婦経営、席数10ってある人が言ってました。なるほどね、と思ったことがあります。
相変わらず石川さんのハナシはイイ。
余計なことにアタマを悩ますことなく、好きなことでどんどん鋭い痛みを体験しながら次々とウマが合う仲間、ユーザーとFace to face に交流して、本質的で新しいビジネスを大きくできたら最高ですね!

以下引用
まず、そもそも脳がある生き物っていうのは、動いているんですよ。
逆に、動いていない生き物には脳がないんですね。だから、動くっていうことは、脳がある生き物にとっては非常に重要なことなんです。
ところが、このホヤっていう貝は、動いている間は脳があるんですけど、自分が「今後はここで暮らすんだ」っていう安住の地を見つけると、自分の脳を食べちゃうんです。もういらないからということで。
で、Amazonとか中国の小売・流通を見ていて、僕は思うんですよ。人類はどんどん「ホヤ化」しているんじゃないかって。

結局のところ、ダイレクトの接触、Face to Faceが大事であるということです。
やっぱりFace to Faceで会っていると、たとえそれが一瞬だったとしても、なんとなく相手のことが気になるということのようで。
やっぱり、人間は会ってなんぼじゃないか。社会的動物なので。だから大事なのは、そういう「人肌」を感じてもらうために、どういうユーザー体験なり、コミュニティを作れるか。

これは歴史が証明していることですけど、300年覇者で居続けた組織って、ほとんどないんです。必ず革新的なことをやる人たちが現れて、次の時代を作っていくんですよ。
そして、革新的なことをやる人たちっていうのは、最初は小さなチームで始めるし、古いアイデアを元にして発想しているんです。
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。