新着Pick
298Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
心技体、最近ようやくこの重要性が分かってきました。

柔術では、「心技体」をバラバラにではなく、一つのものとして修行していくそうです。
<3つの総和がパフォーマンス>
「心」 ・ ・ ・メンタル、精神力
「技」 ・ ・ ・技術、テクニック
「体」 ・ ・ ・フィジカル、体力

身体が資本と言われますが、自分がこなしたいと思う仕事量に対応可能な体力がなければ、仕事をこなすことが出来ないだけではなく、心の余裕がなくなり、仕事の細部へ拘り、人間関係などへの配慮が不足するなど、様々なものに影響を及ぼすと思います。
余裕がないと新しいことを吸収することもできなくなります。

心技体揃ってはじめてよい仕事に繋がっていくのだなと、実感しています。

※スピードスケートの小平選手は、心技体だけではなく、品格も兼ね備えられていて、素晴らしいですね。
「人間性も金メダル級」、まさにその通りだと思います。
http://www.sankei.com/world/news/180219/wor1802190024-n1.html
スマート・ライフの連載「エグゼクティブの健康習慣。」、引き続きタリーズコーヒージャパン創業者で前参議院議員の松田公太さんです。はたから見るとハードそうな松田さんの運動習慣ですが、自身は「ラク」と語ります。その理由は10代から今に至るまでの意思決定の仕方にありました。
一連のみ松田さんの記事を読んで、ふと気が付いたのは、人にこうしなさい、おすすめですという発言がないこと。あくまで自分がどうしてきたか、どう向き合ってきたか、という視点。

「今はとてもラクに生きられていると思います。」

気力体力が十分な若いうちに、「自分が弱い」と思い挑戦を続けたことで、年齢と共に誰もが避けられない気力体力の低下のタイミングが楽になるということだと感じました。
無理をしないを第一に。とあるように、体と心の声を聞きながら、ライフスタイルを整えていくのが大切だと思います。

一般的な生活習慣観の善悪に囚われず、自分流を見つけることをすすめています。

強制された禁煙・禁酒など、ネガティブなストレスが最大の健康の敵ではないでしょうか。
自分を限界にまで追いこむ、ということが本当にこれからの時代いいことか、と思いますね。

如何にストレスをかけずに生産性を高め、人生100年時代に備えるか、そんな働き方も大事ではないかと。
仕事人生は長いマラソンのようなもの。
健康に留意していなければ完走もかなわない。
ドM笑。アイアンマンやりましょー!
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。