新着Pick
618Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私自身は(金やプラチナはじめコモディティ/CXと同じ扱いにして)、農水省や経産省の所管にしてしまうより、素直に通貨として金商法取り込み、金融庁所管とすべきと考えます。
更にはコモディティ/CXも金商法取り込み、金融一体課税の対象とする方が良いと思います。
併せて取扱業者も業界団体(自主規制)の水準も標準/高度化図るべきです。
今回事案で実際に報道されるのは金融庁ばかりで、徐々にコンセンサス得られつつある様にも感じます。
緊急特集:仮想通貨ショックの最終回です。

コインチェックの仮想通貨流出問題が発生した際、まさに「アフター・ビットコイン」という言葉が浮かびました。

その著者である元日銀の決済システム第一人者、中島真志氏に、ブロックチェーンを活用した最新の世界的動向を含めてお話を伺ってきました。
結局法定通貨や暗号通貨、そしてハイブリッドなどが並存する世の中になっていると思われる。
中島先生はご著書の中ではリップルプロジェクト推しで、実際に本が出た直後からXRPが高騰していましたね。ただ、銀行間の送金に必ずXRPが使われる保証はないし、リップルの企業価値とXRPの価値はイコールではないのでこちらもほんとどうなるか分かりませんが。(中島先生もXRPを買えとは一言も言ってなかったはずです。)
素人考えでは、そもそも価格が安定しないと媒介として使いにくくなるので、価格のアップダウンはあまり望ましくない感じもします。
仮想通貨は、通貨にはなれないとは皆が思っていたのでは。通貨の基本要件を満たすには自分勝手過ぎる。したがって、通貨にも投資にも向かない。しかし、マニアにとっての投機対象としてはまだまだ面白いし、もともと発行者も投機対象物としてしか考えていなかったのでは。自分の周りでも、資産構成物としようとする勘違いな人がいるが、投機市場は勘違い者が入り込むと面倒くさい。投機対象物として正しい道を歩んで行くだろう。
「アフタービットコイン」は発売当初に購入して読みました(確か最初はKindle版がなくて書籍で購入)。

https://www.amazon.co.jp/dp/B076ZJCVQ1/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
本日で特集は終わりです。7日間ありがとうございました!
ちょうど「アフタービットコイン」を読んだあとにコインチェック問題が起こったので、日本にも来てしまったなという感じだった。中島さんが今回の問題をどのように捉え、考えられているか知ることができる良いインタビューだった。仮想通貨バブルが一旦落ち着くことで技術に注目が集まり、冷静に「ブロックチェーン2.0」に移行していくことを期待しています。
アフタービットコイン、つまり仮想通貨2.0の時代。去年「アフタービットコイン」を読んで、コインチェックの問題を見ながら、著者中島さんの話を聞きたいとちょうど思っていたところでした。ありがたい。
タイムリーなご連載、まことにありがとうございました。気づきを多くいただけた連載でした。

話逸れますが、最近よく思うのは”絶対”ってあるのかな…ということ。

例えば、絶対安全なITセキュリティって、あるのでしょうか…
セキュリティが破られるリスクが極小〜破られるリスクが大、ということであって、リスクがない、とい状態自体、本当はありえいのではないでしょうか…そして、求められるのは、自分、関係する相手が、

・リスクがあることを認識していること
・リスクに対処する意識を持っていること
・相手と自分で認識、意識のレベル感があっていること

ではないでしょうか…