新着Pick
390Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2003年の春節、安徽省の友人宅で年を越そうとして「春運(春節の帰省ラッシュ)」に巻き込まれた経験があります。

当時はネットでのチケット購入などなく、ひたすら並ぶのみ。初日7時間並んだのですが結局売り切れで買えず、翌日運良くチケットはありましたが、なんと「座席なし」でした。

さすがに30時間以上を立ちっぱなしで、押し合いへし合いの電車に乗るのは大変で、同行者の中からキャンセルが相次いだので、結局は企画自体を取りやめました。

今だと高速鉄道もあるし、もう少し楽に移動できるのでしょうね。
述べ30億人の大移動は、脅威すぎる・・・。
中国は経済トップラインが急激に伸びながら、中間所得層の拡大が半端じゃないことになっており、これこそがもっとも注目すべき点です。

ざっくり整理すると、
・現在は1億人強がいわゆる中間層(資産:5〜50万USD)に区分
・+5年で、5億人近くになるのではないかと言われている。
・1億人中の700万人が日本へ旅行へ来てくれている(7%)
※中間層未満だと日本へは来れない+上位層は少数なので一旦無視
・5億人になると7%ままで、3,500万人が日本へ来る計算に
・ちなみに海外への年間出国者数は、1.2億人ほど(2017年予想)
・この母数も、5年ほどかけて倍近くになる見込み


日本の訪日旅行は観光PRがうまくいっている点もありますが、こうした外部環境によるものも非常に大きいです。
昔に比べるとオンラインで座席を予約できるし、新幹線(高铁)で随分早くなりました。新幹線から見る中国の景色はまさに中国の成長の歴史を見ているようで感慨深いです。
この期間に日本を訪れるのは100万人くらいでしょうか。延べ移動人数で考えると、30億人の千分の1くらいの計算。この数字から考えると、訪日中国人の伸び余地は大きいですね。
日本も江戸時代までは旧暦を使用していたので春節があったと思いますが、どんな感じだったのでしょう。今でも青森とか一部の地方の農村の年配の方は春節を過ごすと聞きますが実際どんな感じなのか気になります。
本番は2/15-2/21の一週間です。日本中、アジア中が中華系の人々で溢れかえります。小売業は書き入れ時にて在庫充当頑張りましょう。シンガポールもこの期間はオフィス街は閑散とします。
この時期、長距離移動のための大規模な駅の近くはスリに気をつけろと言いますね。地元に本帰郷するひとの中で悪い人が狙うらしいです。

あと春節大移動といえばこの大渋滞を思い浮かべます。
http://imgur.com/gallery/WAAKXyj

不便は発明の母。彼らのことなので、数年もすればテクノロジーで解決していそうです。
もはや、春節といわず、銀座などは中国の方々で溢れかえっています。デパートのカウンターの前線にいるのは皆、中国語対応ができる方ばかり。
いまや、中国の皆さんの日本国内の消費なくしての景気継続考えられなくなっていますものね。
欧米人がサンクスギビングからクリスマスにかけてそわそわするように、中国人は春節前からそわそわしはじめますね。

上海の春節はほとんどの店が休業、空いていたレストランに入ったらメニュー3品しか作れないと言われて驚いた事があります。
春節が始まり、旅行で日本を訪れる中国の方も増える時期です。京都や北海道、沖縄などが人気のようで、観光業界の方々も気を引き締めているのではないでしょうか。