新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マガジンXもAmazonから直接取引きを打診されましたが、現状では断っています。月に一度しか本を出さない零細出版社では、取次ぎへの納品と併行して対応すると、Amazonの倉庫に入れる物流費の方が高くなるからです。
記事にもあるように販売力のあるAmazonとの直接取引きによりメリットが生まれる版元もあると思います。流れは徐々にAmazonに傾いていくと思います。
いわゆる「中抜き」をなくす、アマゾンの「破壊」は、日本の産業構造を変えていきそう。
アマゾンが力を持ってきたからこそ、印刷会社や出版社もNoとは言えない。取り次ぎ店の利益は、出版社などと分け合うそうなので、本質的には悪い話でもない。
取り次ぎ店の存在意義が問われそう。
Amazonの中抜きが進む。取次外しの先には出版社外しをやってくる。分かりながらも対抗策がないのは辛いな
ネット取引が当たり前になり、物流網が進化した段階で、問屋商売は廃れていくのは仕方ない。
電子書籍はもとより、紙書籍もそうなる。

広告業界だって、GoogleやDSPによって問屋であるレップの存在は薄れてきている。

安く仕入れて高く売って利益を多く分けるというシンプルな構造の中で、仲介者や問屋が存在感を発揮するオリジナル性がないのは、企業努力をしていないのと一緒なので仕方ないと思います。
出版業界の産業構造が大きく変わろうとしていますが、この動きを歓迎する出版社、著者は意外と多いのではないでしょうか。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績