新着Pick
639Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあでも、ハードウェアウォレットの秘密鍵わすれたり、ファームウエアのバージョンアップ時にレストアするためのフレーズ忘れたりとかたぶん取引所に預けとくよりもリスク高い人のほうが多そうだよ笑
「まず、何も信用しないのが基本」。昔からビットコインに注目してきた、特にエンジニアらからは、こういう声が上がります。

ある人は「公式のプログラムを動かして、秘密鍵を生成したら、紙に書き出したり、USBに保存して、極力ネットにはつながない」と言います。デジタルな通貨ではありますが、安全管理にはアナログさがモノを言うようです。

また、昨日のLivePicksで落合陽一さんが言っていたように、「誰も資産管理のプランニングをしてくれないから、自分でするしかない」というのも重要なポイントです。

取引所としては、「自らの取引所は脆弱だから、外のウォレットに入れましょう」とはまず言わないわけで、今回、お話を聴いた森川さんのように、安全管理を啓蒙し、ブロックチェーンの本質を伝えていく人が増えることで、より安全な(100%はないのかもしれませんが)スタンダードができていくのではないかと思います。

なんというか、自己責任の範囲がどの資産に投資をするかだけでなく、保管に関してもこんなにした方がよいというのは、本当に便利なのだろうか?
自分が古い人間なのかもしれないが、銀行であれば預けたものが盗まれることもなく、破綻をしても1000万円までは保護されるのだけど…

通貨とか金は信頼・共同幻想の側面がある。だけど「何も信用しないのが基本」。そしてこういう管理であれば、資産としての保管ならともかく、通常決済なんて一層使いにくいのでは?だったら決済価値≒流動性も出てこない。
この記事でわかるのは正しく使うには相当のユーザーリテラシーが求められるということ。少なくともこのままの状態では「従来の貨幣を代替する存在」には全くなり得ないということですね。例えが正しいかはわかりませんが、オープンソースのlinuxが出てきたころに、「マイクロソフトの集権的なOS 何て嫌だ」と言って、リテラシーの低い人まで各自のパソコンのOS をWindowsをやめてlinux ベースに入れ換えてしまって素人が困ってる図が思い浮かびました(違いますかね?笑)
分散型になった際に個人がやらないといけない「セキュリティ」などを集約して代行しているからこそ、非難はされますが金融機関のシステムはあそこまで重厚になってる、という要素もあるように感じます(もちろん無駄も多いでしょうが)
この辺りを代行して安全にやってくれる業者が出てきて、ユーザーが意識しないで使える環境にならないと、マス化はせず、プロ向けの特定用途で使われる技術で終わりそうです
「取引所にお金を預けっぱなしにしておくことが、なぜ危ないのか」
今回の取材で、なるほどと思いました。

今の取引所の仕組みでは、ブロックチェーンという技術が持つ本来の魅力が生かされていないと話すのが森川 夢佑斗氏。

「金庫の鍵」にあたる秘密鍵を、個々人が自分で管理するウォレットを開発する森川氏に、初心者にもわかりやすく解説してもらいました。

そして取材時の「なるほど」を、解説記事という形で森川記者が分かりやすく構成してくれている、ダブル森川さんによる作品になっています。
コメントを読むと分散か中央集権かの両極端について議論してる人が多いのですが、世の中0か1なんてことはほとんどなくて、仮想通貨も本質的なブロックチェーンの部分の分散化以外は取引所だったり、マイニング企業だったり、ハードウェアウォレットを作っているメーカーだったり、個人でも国家でもなく、間のサイズの企業が担っているケースが多い。

結局、今の社会は徐々に分散化に向かっているが、一気に個人レベルまでは行かず、その間の組織体が適しているということだと思います。

占部プロの指摘の問題も、メガバンクの規模はスピードなど色々問題が多く、規模が大きすぎるが、コインチェック社はもっと大きくなってセキュリティ投資や管理もしっかりすべきという話でしかないかと。
イメージでいうと数十万人は多すぎるが、数十人や100-200人も少なすぎる。勝手なイメージとしては1000人弱ぐらいが一番良いのだろうと思ってます。(もちろん人数だけの話ではないのですが)

同じことが国家にも言えるんでしょうね。
本来は個人が自己管理するよりも業者(取引所)管理の方が安全性も利便性も上であるべき。
MUFGで取り組んでいる三菱UFJ信託銀行による分別管理スキームなんかは一つのソリューション。
自分のコインは自分で守る。シンプルな資産管理の基本に立ち戻った非常に分かりやすい記事。
当たり前のことだが、保有する資産価格が高まれば、それに相応しい管理方法がある。
コインチェックの流出事件は、仮想通貨交換事業者に金融を担うという自覚を促すとともに、仮想通貨を保有する側のリテラシーやリスク管理の意識にも、一段の成長が必要であることを示している。
仮想通貨の核心、秘密鍵の解説がわかりやすい。仮想通貨に伴う譲渡益に対する所得税の納税が面倒なのは、秘密鍵と納税義務者個人とが紐づけられないことと累進課税になっていることに起因する。
昨日のLivePicksでも仮想通貨についてかなりの時間をさいて、落合陽一さんに解説してもらっています。仮想通貨管理で最も安全と思われる方法についても言及してくれています。https://m.newspicks.com/live-movie/155