新着Pick

英国風パブ「HUB」、若者の酒離れと無縁なワケ

東洋経済オンライン
若者のアルコール離れが逆風となり、売り上げで苦戦する居酒屋・ビアホール業態。この厳しい環境下で、英国パブをモデルにした「HUB」は、コア顧客と設定する20~30代前半の若い客層を順調に取り込んでいる。HUBは…
392Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ナンパスポットでしょ
以前、イギリス帰りの先生を誘ってHUBに行ったところ、「フィッシュ&チップスって、こんなに美味しい食べ物だったのか」と感動されてました。
「ハブの自社調査によると、ブランド認知度は首都圏でも50%程度」

歴史が長いのにこれは意外、私も20代の頃友人と何度かお世話になった記憶があります。
最寄駅にないのが痛い。
カミさんが子供寝かし付け中の際、帰宅時間調整に最適なんですけどね。
ドトールは夜遅くまでやってないし。
もうちょっと飲みたいけど居酒屋入るのもなあ、、という時にぴったりですよね。
成功しているブランドは顧客体験投資をケチらない。 HUBはブランド投資をしっかりしている。豪華な内装にするために1店舗当たりの投資負担は7000万~8000万円かけているとのこと。
いわゆる従量課金バー。会計を電子マネーや非対面でできればもっと回転率も客単価も上がると思います。

あとはホリエモンの言うようにナンパ目的ですね。パブリックビューイングにより、場の空気や目的を共有しやすい(他人に話しかけやすい)ため
HUBのフードが好きです(^^)
ビールに合う。
30年やれてる飲食業界ってすごいですよね。中内さんが創業してた徒は知りませんでした。
ふふふ←意味深o(^o^)o