新着Pick
237Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ペッグ制なのにその裏付けがなければ、完全な詐欺なのだが…あとは、もしそのドルがなかった場合、何に使われたのか。海外報道を見ると、ビットコインを買い支えるのに使われていたのではないかという噂があるが…ただ、2500億円くらいの発行高でビットコイン(現在の時価総額は約18.5兆円)を買い支えられたのだろうかとも思う。
https://www.wired.com/story/why-tethers-collapse-would-be-bad-for-cryptocurrencies/

本記事の英語版(下記)を見ると、Wells Fargoが昨年取引銀行をやめたこと、そしてBitfinex及びTetherは提訴したがその後取り下げたことが書かれている。現在の取引銀行についてはNDAを結ばない限り開示しないとBloombergに伝えたとのこと(そしてBloombergは拒否)。また、Friedman LLPという会計事務所が銀行口座に4.43億ドルの預金がある旨を示してるが、その会計事務所も直近関係が切れており、かつFriedmanはそのTetherの記録の信憑性自体は確認していないと表明している。
https://bloom.bg/2nt4MrL
前提となる説明から。

Tether社はUSDTという暗号通貨を発行しています。これは常に法定通貨のUSDとペグされているという暗号通貨で、その保証としてTether社が暗号通貨発行分と同等のUSDを保有していることが裏付けとなっております。

ただ以前よりこのペグされているはずの根拠となるUSDを同社が保有していないのではないかという噂がありました。

そもそもUSDとペグされている暗号通貨など誰が買うのだろうかと聞かれますが、ICOなどでの調達を経て一定以上の暗号通貨を保有している場合など、資産の安定保有という意味合いでTokanizedされたUSDとして需要があり現在USDTは暗号通貨の時価総額で25位に入っています。
仮想通貨やICOに関して、不祥事や疑義が増えています。来週開催される第10回G1サミットでは、「仮想通貨とICO-日本が取るべき政策とは」を徹底的に議論します。
もし十分なUSD保有していなかったらそれは詐欺だね。
この点が大きな問題となっている
「テザーは全ての通貨がドルを裏付けにしているとし、その分ドルも保有していると説明するが、同社はまだ決定的なドル保有の証拠を示しておらず、口座の監査も受けていない。テザーが実際にドルを保有しているのかどうか、疑問が出ている。」
コインチェックの件も含め、資産管理方法に大きな課題がありますね。
Tether(USDT)は、CoinMarketCapの流通総額では22位だけれど、月次の取引金額ランキングでは4位に入っているという不思議な仮想通貨だ。発行量に比べて、取引される頻度が特に高い。これは、他の仮想通貨とUSDTとを頻繁に交換する主体が存在していることを示している。
--
USDTは、香港と台湾の銀行に発行額と同額のドル預金をしていると説明しており、相場がドルにペッグする根拠としている。実際、USDTはドルに対して安定的な相場を形成しており、特別なストレス時以外は1USDT=$1.00で取引されることが多かった。この法定通貨との交換価値の安定性を利用して、多くの投資家が、利確時にUSDTに変換し、頃合いを見て別の通貨に投資する、という利用方法をしているため、取引量が多くなるのだろう。
--
こうした仮想通貨の実務上の存在理由は理解できるが、Tether社の主張する銀行へのドル預金の存在には以前から疑問が示されてきた。一時的な待避所と考えるならば、ストレス時にも安定した相場が維持されることが期待されるから、このドル預金が説明通り存在しているか否かは大きな問題だ。仮想通貨が「安定した交換価値」を持つと主張する根拠がもし薄弱だと判明したら、USDTの相場はどう変化するのだろうか。この報道に反応したためか、ここ数日は1USDT=$0.98-0.99で推移することが多くなっているが、今後の事態の帰趨と相場動向には注目したい。