新着Pick
741Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
戸田さんのコメントの通り。FXだってノんでる業者の方が多いんじゃないかな。こんな奴のブログを相変わらず鵜呑みにする奴が多いこと自体が情弱がマジョリティだってことの証明。こういうのがPVを集めることがなくなることはないんだろうなあ。絶望感しかないわ。
かなり決定的な憶測が入ってる。本当だとすると、絶句。
これが事実だとすると、要は、取引所の形をした、取引所では無い事業だったということの模様。

完全に憶測だが、Poloniexにアカウントを作り、そこでミラーで取引をすればいいじゃないか、と考えていたとすれば、コインチェックへの送金が無いという事実とのつじつまは合う。ノミ行為も取引をアグリゲートして、最終的に集計した分を一括で処理すれば良いじゃないか、と考えていたとすれば、さもありなん。

システムも、これだったら私でも作れるレベルなので、まずはこれで事業モデルを試してみよう!ぐらいの感じでスタートしたところ、ものすごい収益になって、驚き。というところだったと妄想。

よし、事業者登録をしよう、としたところ、これはかなり難儀。ホワイトリストに主力商品が載るようにも思えない状況であることがわかり、ホワイトリストに乗ってる通貨で競合と戦おうとすると、一気に体力勝負になって、利益も削られ、生き残れるか怪しい状態に直面。

このままでは登録事業者としての登録も難しいかもしれない。株主からはアクセルを踏めという強い要請も来る。しかし、登録できないとすると、事業撤退もやむなしか?しかしキャッシュは800億もある。だけど収益確定すると法人税でごっそりもって枯れる。いかがせん?

というところで時価500億円以上が消える事件。

、、、という架空のケースを書いて、それでケース討議をしたら、経営者倫理や経営判断を巡って、白熱した議論ができそうな予感。MBAのみならず、エグゼクティブMBAでも使えそう。
今回のコインチェック事案を1/26の当日午後に誰よりも早く報じた山本氏の追加記事。衝撃の内容とボリュームと濃さ。先日発表された460億円返金という巨大な現金を、ノミ行為などで稼いでいたのではないかという仮説記事。これだけ読んでも、あくまでも合理的な疑いであり、もし本当なら金融庁や警察庁が動いて確認するべき重大なことなので、ここで確実なことは何も言えないでしょう。ただ、コインチェックに限らず、もし、業界にノミ行為の疑いがあるのであれば、金融庁が仕入れと販売に関する過去のログを提出させてブロックチェーン上で照合すれば良いだけのことなので、疑いが本当にあるならやるべき。それよりも個人的には最後にある「(引用)ブロックチェーンから仮想通貨に至る一連の技術は、単にフィンテックだ暗号通貨取引で一攫千金だと相場を煽り立てるべきものではなく、本来持つ技術の可能性が社会をより良く変えるイノベーションの一翼を担っているものです。」というくだりに、本当に同意。仮想通貨バブルという言葉があまりにもメディアを賑わして来ましたが、自分としてはブロックチェーン技術と、その上の画期的なツールとしての仮想通貨という、インターネットが始まって以来の巨大なイノベーションが、いっときの利益追求などのために、レピュテーションを下げ、実社会インストールが失敗したり、日本が国としてやる気になってる応援モードを鈍らせ、日本が法律面で仮想通貨先進国になるチャンスが削がれることがあるなら、それはあり得ない悲しいことだと思う。この機会に正すべきものがあるなら、正し、長らく繁栄するテクノロジー&サービスとして確固たる基盤を築いて欲しいと願います。
気になる記事。
一番気になるのが、自己ポジションがあったのかという点。記事にある取引履歴では6月12日に初めての取引があったとされている。もし自己ポジションがなかったのだとすれば、値上がりしている中でコインチェックから見て売りのポジションを持っているって、投資・投機としてはものすごくリスクが高いこと。
ただ自己ポジが別ウォレットであったとすれば、コインチェックのウォレットへの移管もどこかでそこから起こっているのではないだろうか?自己ポジをどこかで消化させる必要はあるわけだし…

架空取引などの疑惑も記事で指摘されている。ただ、さすがにそれはVCも入っていて上場なりを考えるなら監査リスクが高すぎるし、そうでなかったとしても国税とかは入ってくるし…

新しい領域は、変化も大きいし、リスクも高い。そもそもベンチャーのほうが人材流動性が高く、失敗をしたらそれも経験だし次があるという環境もある。だから、ベンチャーのほうが向いているとは思う。
一方で、市場が立ち上がって、その競争で一定生き残れば、ちゃんとしたリスク管理・コンプラ体制が求められる。それを正当化したり、「イノベーションをつぶす」といった形で仮想敵を作るような雰囲気は個人的には嫌い。
やるべきことはしっかりやらないといけないし、リスクを取ることの自由度を守るも潰されるも、その界隈にいる人たちの行動次第。自由度を求めるなら、社会的に受容されるように自己を律していくことも求められる。

<追記>ふるまいさん、ご指摘ありがとうございます!<追記終>
こういう流れを見ると、やっぱイノベーション領域に大企業が挑戦すべきな気がするんですよね。。大企業が取り組んだら、スピードや大胆さは無いですが消費者へのデリバリーに妥協は絶対に無いですからね(^_^;)私も大企業のイノベーション担当として、大企業の持つ固さを日々勉強させてもらってます。
切込隊長(山本さんがやまもといちろうだった頃のハンドルネーム)らしい文章、きましたね。コインチェック事件については諸氏がいろいろ書かれていますが、これが一番わかりやすく面白い。原野商法とノミ行為のセット⁉︎まではどうかとも思いますが、この推測が本当なら大変なこと。そもそも通貨をコールドウオレットに移行せずホットウオレットに置いたままだった会社ですから、なんでもアリかもしれない。場外からゆくえをひっそり見守ろうと思う所存です。
下記が事実だとしたら問題だと思うのだが、実際のところどうなんだろう。
コインチェックの取引履歴を解析できる専門家の方のコメントを待ちたい。

仕入れていないNEM/XEMを、ユーザーに対して販売していた
事実かどうかは今後明らかになるだろうが、こういった記事(記事の前の取材でも良い)が大手メディアから出ることはあるのだろうか。

これが事実ならば、さすがに他の取引所は気づいていたのではないか。
〉実際には特定の株主が深く経営方針に関与しており

株主と協議してと説明している点と合点が行きますね。いずれにせよ、金融庁は早急に立入検査すべき。個人的には顧客資産はまず帰ってこないと思ってますが、やむを得ないです。
まあそれでも「素直に信じて応援する」人はいるんでしょうね。
この話はかなり信憑性高そうですね。これが事実なら、完全に犯罪です。被害者はおカネは戻らないでしょう。ポッと出の会社との取引には、経営者の顔をしっかり見ないといけません。テレビを使ったCMでの権威づけも集金効果はかなりあったハズで、ここまでは計算通りだったのかと。金融庁はもちろんですが、ポッと出の得体の知れない企業に安易に広告枠を与えたテレビ局の責任も大きいと思います。