新着Pick
569Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日は、「海の京都」と呼ばれる京丹後市で繰り広げられる、Uber vs タクシーの「合戦」をレポートします。ここに突如として現れた「一夜城」の正体を取材しました。

本当はもう運転したくないという高齢者も多い地域とあって、免許を返納する高齢者が急増している京丹後市。公共交通の「空白地」が徐々に埋められつつあるからこそ、高齢者も安心して返納できるのでしょう。

その「空白地」を今後さらに埋めていくプレイヤーは誰なのか。過疎地における公共交通には、「Uber再起動」のヒントがありそうです。
まさに如何にタクシー業界がクソなのかわかる記事。こんな事してる暇あったらスマホナビ使える運転手増やせよ笑。しかし、まさにこれは松尾豊さんと先日お話しした「部族の時代」の話で全部説明がつきますね。部族社会においてはかならずこういう足の引っ張り合いが発生する。
「“大人”になったUberがタクシー業界に歩み寄りを見せているように、もはやタクシー業界もUberと「共存の道」を探る他ない。」。配車規制も既存のタクシー業者も既得権益守る為に存在して、消費者の事全く考えてない事がよく分かる記事だった
まったく赤字の不採算エリアで、ある日、いきなりタクシー会社が登場した。その理由を聞いていくと、これがとても面白い。要は日本のタクシー産業の「恥」だといわれている、京丹後市におけるUberのライドシェア(タクシー業界的には白タク)を封じ込めるための、刺客だったわけです。NewsPicksによる、その現場レポートです。

Uberの是非は別として、交通の足がない地方などのエリアの課題を、テクノロジーによって解決するのは当然のことにおもえます。社会が、産業が、というのも大事ですが、その前に生活をしている人々が、という視点でみることも大事ですから。

日本が今後、少子高齢化をさらに進んでいくことを考えれば、いちはやくこういうテクノロジーを取り入れるべきだと思います。それがウーバーだろうが、別の企業であるが、そこまで大きな問題ではないのかもしれません。日本に、こんな刺客を放っている余裕があるのでしょうか。。。
タコツボの中でアホな事やっていないで、早くウーバーやグラブを解禁しなさい。変えたくない人と達もここまでくると病気。

インバウンドの観光モビリティニーズと地域交通の相乗りなど新たな発想は出てこないのか…。

隣には城崎という観光地もあるし、この丹後半島は本当の日本の田舎が丸ごと残っていて本当に美しいところだ。

(ついでに私が生まれた福知山市もインバインドのおこぼれを頂戴したらどうか…。)
日本でUberが成功するか、は別として、こうした動きによって、イノベーションを妨げることはできないことは歴史が物語っています。本気で新しいものを普及しようと日夜努力している企業と、ただ流れを食い止めようとする企業の努力は歴然の差が。やるせなさを感じるストーリーです。
「Uberがライドシェアを始めた丹後町は、タクシー業界では『歴史的な汚点』と言われています。ここを起点にライドシェアが広まったらまずい。だったらタクシー事業所で包囲しろという寸法です」 
この気持ち、既存のタクシー会社の立場に立ったら良く分かります。政府がお墨付を与えることで知らない車に安心して乗れる環境を作るのが旧来の社会インフラのタクシーです。一方、ビッグデータとスマホが車と運転手、旅客の双方の安心を担保して政府のお墨付きなしに効率的で安い配車サービスを提供するのがUberをはじめとする配車サービスです。
タクシーとUberのサービスは似ているようで全く別物で、タクシーの側から見たら旧来の社会インフラたる自分たちを無用にする革命です。当然、反革命に動くはず。ここで謎のタクシー会社が勝つようなら、グローバル化の中でビジネス環境の競争力を34位(世界銀行)に落とした我が国が、第4次産業革命の中で更に順位を落としそうでなんとなく不気味です。
UberはUberで問題があると思うが、この記事を読む限りタクシー業界のアプローチも利便性改善よりは新規参入事業者潰しに思える。利用者の視点からは適切な規制の設計が望まれるが、ロビイング合戦で既存事業者、利益団体が強いのが日本。岩盤規制に穴をあけるという成長戦略はいずこへ・・・
昨日までアジア出張していて、最後は、日本に寄っていきましたが、日本はUberがなくて本当に不便!

シンガポール、香港やバンコクなど比較的発展したところだけではなく、ミャンマーやインドなどの発展途上国でも使えて、本当に便利です!

とは言え、日本で最後に利用したMKタクシーは、最高級のサービスと乗り心地で最高だったのも、事実ですが…。

上手くすみ分けできると良いですね…
まさに反撃、刺客。
「赤字でも、乗客がいなくても、そんなものは関係ない。なぜならその会社の目的はただ一つ、日本に上陸したUberを「包囲」することだからだ──。」

昔はよく丹後の方にいってたのですが、こんな陣取り合戦のようなものが行われているとは全く知りませんでした。

もし上記の文章が本音ならば個人的にはUberを応援したい気持ちが大きいのが正直なところです。。地域の方たちがどう見てるか、というのも知りたいですね。
この連載について
55カ国、250都市以上で世界を席巻する配車サービスウーバー。本連載では14回連続でウーバーの躍進と課題についてリポートする。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績