新着Pick
818Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この辺の話は感覚だけで語ってもフワッとするからデータや事例を並べて説明しないと、アメリカ礼賛でおわって伝わらんのではと思う。それに、もっと深く突っ込んでいる記事が、Mediumや投資家のブログに沢山落ちているのでそっちを読んでほしい。

シリコンバレーの中でもスタートアップと大企業では動き方が全然違うし組み方も違う。シリコンバレー企業で一括りにしないほうがよい。中でもスタートアップは、特別な生き物だ。

シリコンバレーは世界中から優秀な学生とエンジニアが集う、大学と起業と、投資、イグジットの一攫千金を狙うエコシステムが働く村社会。そんな活況な村に、日本企業が人をひとりふたり派遣して、スタートアップと提携してビジネス開発します〜くらいの目論見ではそもそもエコシステムの外の世界であって、彼らからすれば興味の外。提携できたとしてもお互いの一攫千金は起きない。ただ、商品が増えて、駐在員サポートコストで赤字になるおそれがあるだけ。つまり、ルーズルーズの関係。

日本企業が来るなら、このエコシステムのどこに注力するのかを決めて、winwinの提案を持っていくこと、そしてちゃんとその提案がワークするような内部組織プロセスを作ることが重要。その点、パナソニックはうまくぶち上げたと思う。(シリコンバレーで、スキルを学ぶ?起業?シード投資?レイトステージの買収?)

また。大企業幹部もお偉方は、このくらいのことは実は知ってる。でも内部組織の分轄と動かせるリソース、新しいプロセス作りなどを考えると、簡単ではないという現実がある。それをどうするのかが課題。


追記

シリコンバレーの技術力は日本と比べて高いところもあると思うが全てではないと思う。ただ、アメリカのほうが圧倒的に優れているように思うのは、起業スキルとプロダクトマネジメント力、リーンスタートアップやデザイン思考などによるマーケティング、ビジネスデザイン力。
でも結局は技術力のある方が優位に事を進められる。
ソニーは技術軽視の経営者になってからのツケが大きく、ディスプレイ関連でも技術を捨てた結果が今の苦境の一因。

技術力を活かす為に、足りない領域を補完する、自社で完結しようとしない事の方が重要だと思います。
申し訳無いですが、ちょっと古いです。
中国発のイノベーションも沢山あるし、技術はシリコンバレー集中から分散の時代になっています。詳しくはこちらをお読み頂きたくお願い申し上げます。

【蛯原健】シリコンバレーは逆風、「アジア・シフト」は加速
https://newspicks.com/news/2710862
いかに速くてもfollower はfollow するだけですねぇ。。

ナマイキ言ってスミマセン

追記
斎藤陽さんに同感です。。
新規事業は現場のミクロな視点と市場のマクロな視点を行ったり来たりしながら、いかに適切に顧客の課題や提供する価値を設定できるかが重要。そしてそのあとにいかに迅速に実行できるか、市場からの反応をもとに修正できるかが更に重要。

リンクアンドモチベーションもエデュテイメントプログラムやモチベーションサーベイのリリース以来10年以上ヒットが出せなかったが、これから次々とヒットするプロダクトが出せるかは、上記のようなポイントが組織に埋め込めるかがポイントだ。

シリコンバレーの企業がどのようにサイクルを回しているかを学ぶために、社員を出向させたりできたら良いんですけどね。

※以下、記事抜粋

・不確実性が高い時代というのは、課題設定が容易にできないということを意味している。従来の延長線上に課題がないという中で、非連続的なプロダクトが必要になってくる。本質的な課題を見つけないといけない。

・『イノベーションが大事だ』と言っても、担当役員一人が頑張るだけで残りの大多数の役員が動かないケースが多かったりする。これでは会社全体として動きが遅くなる。会社のマジョリティーが、イノベーティブなアイデアを理解して動けるようになることが必要だ。

・今の日本は、明治初期に日本が何を行ったかを思い起こすべきではないか。開国して、世界は思った以上に先に進んでいたことを知って、何とかして急速に取り返さないと独立の危機だという時に、積極的に人を海外に派遣し、学び、徹底的に採り入れた。

・成功体験のある会社には非常に難しいが、現状を放っておけばどんどん外資に市場を持って行かれる。真摯に、自分たちは時代から遅れつつあるという認識を持った上で、進んだ人から学ぶ姿勢を取り返した方がいい。
ここは(文末参照)「シンガポール 、海外の外国人人たちと仕事して強く感じる。だからこそ、「居る」「会う」「とりあえず」のムダ仕事を海外では排除出来る!働き方革命では、このように働く定義変えが必要となるはず。繁栄のイノベーションを世界で築く為にも日本の働き方改革応援しています!STAY GOLD!!

「本文抜粋」

 ―シリコンバレーでのビジネスで、日本と違う点はありますか。
 「人とのつながりが大事だとは思う。ただ、その人のつながりが、会食の数とはまた違う気がする。もちろんプライベートを含め仲が良いというのは大事なことだが、実際に一緒に仕事をしてお互いが実りある結果を出し続けるということ。最初のきっかけは、誰かの紹介だったりする。そこできちんとした成果を出して相手の期待に応える続けることが大事ではないか」

 「 もちろん日本でも、顧客の期待に応えるための活動はだれしもやっている。それと同じように、シリコンバレーの顧客が何を望んでいて、それにどう応えるかをやっていけば、ビジネスはやっていける。ただ、その要望の内容がこれまでとは全然違うリクエストなので、それに体が合わせられるかだ」
無理矢理シリコンバレー感があるオープンイノベーション系の話は最近多いですね、多少ブーム感があります。

私の知り合いの方でオープンイノベーションオフィスを立ち上げた人がいますが、本社の役員を巻き込み、資本も用意し、即決できるような工夫をし、本業との掛け合わせでとても面白い仕掛けをしています。こうした動きは本人の覚悟と会社の覚悟の掛け算で成り立っているように感じます。

Rikiさんも書いてますが、本社の様々な決裁に数ヶ月かかるようではシリコンバレーだけではなく、アメリカのスピード感には追いつけません。とある社長さんから聞いた話は、中国人はその場で即決、韓国人は持ち帰ってちょっと時間をかけて決断、日本人は持ち帰って3ヶ月で決まればいい方、検討がなくなる、という比喩をされているほど意思決定が遅いと言われているそうです。良い投資案件であればあるほど、出資のスピード感が問われ、意思決定が遅くても決まるのは悪い案件ばかり、そもそも良い案件は回ってこないとも言われていますが、こうした事例は拍車をかけています。

そういう意味でシリコンバレーに無理矢理入り込もうとすることが間違えで、経営者、駐在員に覚悟がなければ、すぐにでも撤退した方が良い、まだ日本国内でやっていた方が可能性は高いと思います。斎藤陽さんのコメントが全てではないかと。
T. Rikiさんがご紹介されているDraper Nexusさん、弊社事業にも関わっていただくことがありますが大変学びの多ぶことの多い特徴のあるファンドだと思っております。
危機感をひしひしと感じる内容でした。
日本の大企業経営者に、ぜひ読んで欲しいと感じました。
ポップ・テック特区CiPがスタンフォード大学と連携し、シリコンバレーモデルを日本流に解釈する研究を続けています。今晩は「5G」をネタに議論します。でも研究や議論より実践。日本にしかできないモデルを作りたい。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.39 兆円

業績

業績

Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
6.75 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
152 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
72.1 兆円

業績