新着Pick
807Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見出しで受ける印象とは裏腹に、「現状のICO」に関しては詐欺性・投機性など冷静に見られているのが印象的。

個人的には、『貢献度に応じて、参加者全員に富を配分できる仕組みなら、既存の資本主義の限界を超えることができる。』という部分をもう少し深堀してほしかった。
何かというと、資本主義においては資本が稀少な財ゆえに、それを供給できる人が稀少で、そして供給できた人に莫大な資産が蓄積したのが歴史。あとは「莫大」になったのは、「資本の経済圏」が大きかった、お金というものがユニバーサルだったからだと思っている。
コインの世界で、「貢献度に応じて」という部分に関して。世の中色々な貢献の場所があり、度合もある。そうすると、結局「貢献度に応じて」資本が偏って蓄積したのと同じように、色々な貢献の場でもやはり偏るのではないだろうか。下記でもコメントしたが、落合さんや堀江さんといった「唯一無二」な人に集まり、でもそういった人は既存の経済圏でもマネタイズできている。
お金ほどユニバーサルでないからもう少し分散する可能性はあるが、ユニバーサルでないということは経済圏も狭まるということ。狭い経済圏は、魅力は相対的に低い。
https://newspicks.com/news/2732642
というわけで堀江貴文イノベーション大学校でも実験してみようかと思ってます。最も相応しい先進的実験的組織だと思うから。
トークンエコノミーが格差を是正することに繋がるかは疑問です。今まで以上に価値への貢献度が可視化され、数値に反映されるようになる。付加価値を生み出せる人、生み出せない人の格差がわかりやすく現れてきた時にどんな対応が取れるのだろうか?
自社コイン発行することにより、マーケティング分野では「ゲーミフィケーション」が、急速に進むはず。売上結果から逆算され、採用、面接、育成といった人間的な活動が、無意識のうちに無機質なものに置き換えられていく。だからこそ、そこに、どう感動を持ち込めるか、ということを踏まえて、いまから設計したい。
レガシー金融産業、資本市場関係者、中央政府が今、日本を含めた国民国家の金融のど真ん中にいて仕切っているわけですが、その真ん中からみたら木村さんや佐藤さんは一番遠い、ラジカルな、リバタリアン的な立ち位置にいるように見えるのだと思います。
しかしいま時代のベクトルがDecentralization(分散)へ急速に向かっているので、その流れの先頭にいるお二人に道を照らされて皆んなが手探りでその方向へ進んでいる状況が今だと思います。
私も、ICOによる価値の流動化、多元化、個性化というものに関して間違いなく起こる事象だと考えている。ただ、その領域に関しては注意が必要ではないかと思う。
一番大きな論点は、マーケット原理が働くか否か(働かなければ、ダレかが発行したよくわからんトークンを保有し続けることになるだけ)という点である。
例えば、とある研究者の発行したトークンをホワイトペーパーだけを頼りに購入した後、セカンダリー市場に移る。そもそも価格が存在するほど流動性を維持できるのか。動くとしてもどういう理由で価格付けが行われるのか。単に需給だけで価格が動くとすれば、それはSustainableではない。インサイダーの管理は? 色々と問題が山積みである。
その点、企業や自治体というところから始めていくのは非常に筋のいい方法だと思う。
マーケット原理が働かなくとも(購入したトークンをセカンダリーで取引できなくとも)ある程度の経済的メリットを享受しうるのと、情報や規模の点でも、個人のトークン発行とは比べ物にならないほど可能性を秘めている。

ほぼ全てのモノの価値が流動化(トークン上に乗る)され、新たな経済圏を形成していくことになった場合、発行されたトークンがAsset化するためにはマーケットにおける流動性や情報の透明性が必須である。多様化が無秩序に進む場合、間違いなくマーケット原理が働かないモノがでてくる。
その点をどのように考えるかは今後の課題であろうが、非常に面白い領域である。
佐藤さんの本は世界的な名著だと思います。英語に訳して海外でも販売して欲しいですね。世の中何が起こっているのかを数字分析すれば分かるものではなく、様々なものが複雑に絡み合って、出来上がっています。それを分かりやすく繋がりが論理展開されています。ICOについては、上手くいくストラクチャーは既に出てきているので、そのフォーマットを提示していこうと思っています。多様な価値観の社会を作れるように、頑張っていきたいですね。
既存の資本主義では、基本的にエクイティホルダー(株式保有者)しか儲からない構造になっている。フランスの経済学者、トマ・ピケティも主張していますが、資本を持つ人はますます富み、そうでない人は経済的に苦しくなっていく。これが偏りすぎていくと、若いプレーヤーの新規参入が難しくなります。
しかしFacebookの例でも述べた通り、貢献度に応じて、参加者全員に富を配分できる仕組みなら、既存の資本主義の限界を超えることができる。そういう仕組みが、トークンを通してなら作れると思ったのです

→ 同意です。トークンエコシステムなら、消費者=株主のような関係になり経済活動が活発になるとwin-winになります。これに気がついている人といない人がいる。気がついているのは主に金融マンと起業家。だから一般的に金融マンは仮想通貨エコシステムを嫌い(競合関係として)、起業家は好む(顧客拡大策として) 国としてトークンエコノミーに前向きになることで、日本はアメリカや中国のような大国に対抗できる外交力や経済力を掴めるチャンスでしょう。
今後はトークンエコノミーが次々に出現すると私は考えています。全体は不景気でも、特定の企業や地域は成長していることは多々ある。だから、そこを個別に切り分けて発展させていく方向性になるのではないか。
たとえばFacebookがコイン(トークン)を発行して、広告主が「Facebookコイン」を使って広告料を払ったり、ユーザーに対して付与されるようになるかもしれない。
すると、従来は一方的に時間を消費させられていたユーザーが、コインを持つことで金銭的に得をし、企業側とウインウインの関係を築ける可能性がある。Facebookコインが人気化すれば需給がタイトになり、価格は上がっていきますから、ユーザーにとってもFacebookを盛り上げるインセンティブが働きます。
ファンコミュニティを持っている企業や、住民コミュニティを持っている自治体がコミュニティを組成する蓋然性も一定程度ありますが、
・デジタルリターンの設計
・グローバルオファリング
という要素が無い分、こと狭義のICOにおいては、より建て付けの自由度が高いプロジェクトファイナンス・インフラファイナンスの方が相性が良いのではと感じています。
この連載について
仮想通貨、ビットコイン、VALU、TimeBankなど従来のお金の捉え方では対応できない「新しい経済=お金2.0」がまさに今、誕生している。一体何が起こっているのか、お金の歴史と最先端のテクノロジーを交えて、徹底的に解明する。
株式会社Gunosyは、「グノシー」や「ニュースパス」等の、情報キュレーションサービス・ニュース配信アプリを開発・運営している企業である。CEOは福島良典。2016年8月に竹谷祐哉COOが代表権のある取締役になり、2人代表制で経営している。同社は興味連動の広告最適化に強みがあると評される。 ウィキペディア
時価総額
332 億円

業績

グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,165 億円

業績