新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正直な感想として、化粧品の通信販売は非常に厳しいマーケットです。5-10年前と比べるとプレーヤーが増えたのと、やはりメディアの単価が上がってきたので投資回収が難しくなってきています。通信販売ではCPO(新規顧客の獲得単価)やLTV(顧客生涯価値)といった指標を見るのが一般的ですが、昔のようなCPOを出すのは至難の業です。広告費を含めた投資回収に、年の単位でかかるケースがあると聞きます。
大手メーカーが通販参入を考えるなら、知見があって成功している通販企業を買収するのが手っ取り早くて良いです。
メーカーが一から通販に参入する場合、通販独特のビジネスモデルを理解されず、上手くいかないという話を良く聞きます。
メーカーは通常、単年での利益ベースで事業を判断するが、定期ベースの通販は最低2〜3年は大赤字を覚悟する必要あります。定期的に続けてくれる顧客が増えていくことで、赤字幅がちょっとずつ縮小していき、単月で黒字を確保できてくると、途端に大きな利益を出してくれるようになります。
それに2〜3年掛かると見るのが一般的なのですが、メーカーの偉い人は単年で大きな赤字を出していることを問題視してきて、「早く利益を出せ!」「予算を削れ!」「コストカットしろ!」などと言ってきて、通販事業をお荷物扱いします。
顧客か増えて順調に推移していたのに、予算縮小により、益々黒字化までの道のりか遠くなり、結果的に撤退してしまうメーカーか多かった。

なので、そうならない為にも成功している企業を買収するやり方がメーカーには合っていると思います。

私としては資金力がありブランド力のある大手メーカーには参入してほしくないですが…
通販市場に参入したいと考える製造業にとって、ダイレクトマーケティングのノウハウをもっている単品通販会社などを買収するという選択肢はあり。
社内リソース×代理店という選択になりがちなので。
買収の成功例としてわかりやすい。
地道な姿勢も好感が持てました。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.62 兆円

業績