新着Pick
510Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さんざんガラケーを作りまくっていた僕が発売当日に入手して絶対普及すると断言したのがiPhone3G。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/18/news074.html
面白いことに、iモードの開発にまったく関わってない販売の幹部とか、経営幹部、そして、自己正当化したい技術陣は全面液晶は若い子に受け入れられないなどと主張していた。若い子とコミュニケーションもなかったくせに。
日本の場合、よく成功体験とか言うけれど、それなりに成功した企画や開発の最前線にいる人間は、やはりそれなりに勘や知見があり、新しいものにも敏感なのだが、その周りに乗っかっている人たちが、成功もしてない成功体験にこだわって出遅れてしまうように思う。ちなみに僕が「成功体験」からiモードのOSをアンドロイドにしようとしてたのに対して社内がまとまらないiPhone発売前年の状況を指摘した記事を見つけたので添付します。http://satoshi.blogs.com/life/2008/01/post-14.html
成功体験が間違いを呼ぶのではなく、成功に周辺で乗っかっている人たちが硬直化した判断をするようになって日本企業がイノベーションを生み続けられないのだと思います。

追記 世界で初めてケータイへのアプリダウンロードを可能にしたのは、2001年1月発売のiアプリ、コンテンツ中心の垂直統合の価値観を携帯業界に初めて持ち込んだのがiモードだったので、携帯業界ではなかなか受け入れられず大変でした。特にノキア、モトローラ、エリクソンなどからの嫌がらせ(標準化作業での対立や、日本の総務省へのロビイング、よくわかってない経営トップへ懐柔など)は相当なものでした。そのノキアもモトローラも端末部門は崩壊しMSやグーグルに売却される。ということで、実は変化できなかったのは日本のケータイ産業だけでなく、世界の通信産業が変化でなかったのです。
そもそも、iPhoneは携帯電話からの進化じゃないでしょ。
原型は音楽プレーヤーのiPod。
2007年当時のiPhoneのコンセプトは、iPodと当時普及していたPDAを統合したものです。

日本でもザウルスなどで知られるPDAは、1994年には初の携帯電話付きPDAであるSimon が発売され、同じく携帯機能を搭載したノキアのNokia9000はベストセラーモデルになるほどでした。(例によって日本では通信不可だったような)

従って携帯付きのPDA自体は決して珍しくはなかったのですが、ガラケーにキーボードをつけたようなデザインだった上に、せっかく通信機能が付いているのに、予定や電話帳などのデータ同期はケーブルを使っていました。

当時からガジェオタだった私もPDAは大抵の種類を持っていましたが、この中途半端さが一番の不満でした。

Appleの凄いところというのは、当時既に音楽プレーヤーも、通信機能付きPDAも、ネット環境に繋げるガラケーもあったにも関わらず、それらのカテゴリーを乗り越え、かつ高いユーザビリティを実現してその機能を統合したことです。

つまり、元々携帯電話から進化したものではないで、世界的に超高性能だった当時の日本の携帯電話のユーザーや、その専門家が、あんな中途半端なものは普及しないと言っても別に当たり前だったわけですね。

因みに私は初代iPhoneを持っていた(日本未発売、かつ当然通信不可)のですが、3GSを買った時に売ってしまいました。
今持っていたら骨董的価値で相当な値段がついていたかと思うと、悔やまれるところです。
iPhoneが売れないと思っていたのは、なにも日本人に限った話ではないと思いますけどね。なんでこう、日本人は○○と卑下したがるのか。ご当地の米国でも売れないとする意見はあったはずだし、世界中がそれ程には売れないと思っていた、とする方が妥当です。それは当時、NokiaやMotorolaが席巻していた事と、当のAppleもシェアの1%を取れれば良いとしていた事から、元々想定されていたシェアは高くないし、周りの期待が低くても仕方ない部分はある。
流れが変わったのは、初代iPhone発売後の反応の良さ、それを受けて改善されたiPhone 3GからのApp Storeにあると思います。

予想出来ない事と言えば、現在のスマートフォン出荷台数でSamsungがシェアトップなのも、殆どの人は予測しきれていない。個人的にはiPhoneのヒットよりも、こちらの方が驚きです。
アメリカのひとたちは帰納法とか演繹法とか考えてないですけどね、、、。それに一発でエアビーもウーバーも、iPhoneもできたわけでなく長い変化の末。
日本人が流行らないと予測したのは、実際触ったことがなかったから
黒船の襲来と脅威を予測できなかった
個人的にはiPhoneがなぜ日本では出来なかったのか、というのがグローバルでスケールする上で凄く大事なテーマなんじゃないか、と思っています。このストーリーでは物足りないですね。。。
インサイトが先で、ロジックは後付けですねぇ 大抵は
シリコンバレーベンチャーと中国ベンチャーの違いはなんなんだろうな。圧倒的に消費市場を背景とした模倣モデルのスピード感かな。別に特許を侵害しなければプラットホームを自国に
つくってしまえば膨大な需要が発生する。日本のベンチャーは
中国やインドで立ち上げた方が効率は良い気がする。力と政治力あれば だが。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
118 兆円

業績