新着Pick
906Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
おっさんおばはんになると、若者の時間と所得の消費行動が見えなくなっていくし、理解もしにくくなっていく。

"若者たちは、新しく「大人があまりいない場所」にいつも心を惹(ひ)かれるものだ。"

昭和の大量生産大量消費時代であれば、それでも気にする必要はなかったのだろうけれど、個客時代、個人が主役の今だとそうはいかない。

マーケティングやプランニングの部門は、そもそも組織構造として若者は下っ端というカタチから脱却しないと、若者に見向きもされなくなっていくのではないだろうか。
人気 Picker
コミュニケーションサービスというのは水物。リアルではライフステージの変化に応じて変わっていく人間関係が、オンラインではどうしても固定化し、飽和してしまいます。そうなると、一からそのサービスを使い直そうとするよりも、サービスごと他に引っ越して、また一からその時々に応じた人間関係を構築し直そうとするものなんでしょう。顕名性の強いサービスであればなおさらです。
機能の陳腐化もあるものの、人間関係を取り扱うサービスの特質上、どうしても旬がついて回りますし、サービスとしての寿命があるものなんでしょうね。エンタメ要素で押していくのはなかなか辛いものがあります。

この点、非常に上手くやっているのが、エンタメ要素が薄れてもインフラとして根付いているFacebookじゃないでしょうか。
どれだけ「Facebook離れ」などと言われても、ここまでユーザーを抱え続けているのは驚異的に感じます。会社としてはInstagramをはじめ、旬のサービスを外から取り込んでいますしね。
LINEもインフラ的な側面が強いという点で、比較的寿命は伸ばしやすいサービスではあると思いますが、どうなんでしょうね。今のところ、まだ明確な受け皿は見えていないという印象です。
結論として若者がSNSに求めていそうな事:
① 必ずしも返事をする必要がない気軽さ
② 大人がはびこっていない居心地の良さ
③ 通知や広告に煩わされない開放感
その可能性はあるし同意する部分もありますが、統計の取り方が間違い。ゆえに言い切れません。
これを論じるなら年齢分布の率の定点観測ではなく、絶対数でなければ間違いです。
アーリーアダプターは常に若者で、レイトマジョリティーは中高年なので、初期に若者比率が高く、その後下がるに決まっているからです。
最近よく目にする話題ですが、10代のコミュニケーションプラットフォームが移動すると、親世代が移動する可能性もあります。かと言って、現時点で親世代がインスタグラムのDMを使っている話は聞いたことがありませんが、どこに流れ込むか?LINE側が手を打つか?は注目していきたいです。
変化の早さ
飽きの早さ
選択肢の多さ
新しいのを試すのは無料

大人が若者だった時代とは、多くの点で異なるということだと思います。
単にLINEが使いにくいからじゃないでしょうか。Wechatは未だに利用者が増え続け、日常会話から支払いまで社会インフラになっています。二つのアプリのUIを比べても使いやすさは断然Wechatです。
LINEはUIイマイチな上、代替ツール(Facebookメッセンジャー等)があり、支払い等のほかの社会インフラとの連動も遅れた為、利用者離れが起きてるのだと思います。
どうでもいいですが、今まで利用してきた日米中のwebサービスでLINEだけアカウント乗っ取られました。しかも二回。顧客情報漏洩大丈夫ですか?
昔: インスタ/FBの投稿/写真を見て、LINEで会話スタート。
現在: インスタの写真を見てインスタ上で会話スタート。
LINEはあくまでメッセンジャーツール。なので多くの方が指摘されてますが、今後はWeChat的にそれに付随させたレストラン予約や今朝出てた資産運用などがLINE上で増えてくると進化すると考えますazs
LINEはスタンプの充実度が非常に高いので、そのクオリティを他のサービスが超えない限り淘汰されることはないように思う。
若者に取り残されたくないオッさんホイホイ的な切なさ。

LINEというコミュニケーション手段のイノベーションは、スタンプにその本質があったと思います。

しかし、やがて使用者数が増えることで「インフラ化」し、コアな相手との連絡手段としては適さなくなっているのだと思います。

無料スタンプをくれる企業アカウントはフォローしたら速攻でブロック&削除は常識。

既読スルーも当たり前ですが、既読にすらしない相手も多いので、常に未読が数百たまってます。メールは数十万件未読ですが、、、。
SNSの移り変わりは早いものです。
最初はmixiでしたが今はmixiをやってる人は見ない。
また新しいものが出ての繰り返しだとは思っています。そうはわかっていても、ずっと変わらないものができて欲しいのが本音です。

業績