新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず、ビットコインであれ何であれ、今の価格が妥当かどうかはコメントに値しない。「市場のことは市場に訊け」である。また、ビットコインを含むブロックチェーン技術についての将来は明るいと考える。

しかしながら、ビットコインはunderlying(裏付け資産)がない一方、本来は決済手段としての役割を期待されていたものであろう。現状は、敢えて批判を恐れずに言ってみれば、穴あきの5円玉が珍しいからといってその価格が100万円になっちゃったというような話。ビットコインも5円玉も発行が続いているので、希少価値があるわけでもないしunderlyingもない。決済手段の主役になるためには、価格は寧ろ安定していなければなるまい。規制がいいかどうかは別だし、今の相場水準の妥当性などはどうでもいいのだが、ボラティリティーが高い間は投機の対象でしかなく、ビットコイン本来の役割を果たせるかどうか疑問なしとはしない。
「規制できない(中央集権ではない)こと」が暗号通貨の強みだという触れ込みだったと記憶するのですが、そうだとすればここまで材料視する必要はないでしょう。それでもここまで落ちているのは①単に売り契機が欲しかったから、②実際は規制できるから、③①と②の両方、でしょうか。とりあえず過渡期が訪れているようにも見えます。
韓国が仮想通貨の取引規制に乗り出すとの観測に端を発し、今週ビットコインが大暴落。昨日は若干持ち直しましたが、記事で韓国の取引規制の今後の動きを解説しています。

一方、韓国経済新聞社によると一部の投資家はビットコインなどの主要仮想通貨から「雑コイン」と呼ばれる小規模の仮想通貨に乗り換えているとのこと。世界の「雑コイン」取引の実に9割を、韓国が占めているとしています。

韓国の仮想通貨取引者の多くが、文在寅大統領の当選の原動力になった若者世代。取引規制を撤廃するための政府への嘆願書は「政府は国民にただ一度でも夢を見させてくれたことがありますか?」と題されているとのこと。切実な状況が伝わってきます。
韓国がどうなるのか気になりますね。

「政府は本気で取引禁止に乗り出すか
今のところ、政権内でも意見は一致していないようだ。朴法相が取引禁止を示唆した後に大統領府の報道官は、法務省が準備している対策の1つだが、最終的な判断ではないと説明。」
ビットコインまわり、最近韓国のニュース多いからなあ。
【経済】個人的には中長期的に考えた場合、ビットコインのような仮想通貨はかつて地金貨幣や兌換貨幣が不換貨幣に取って代わったように徐々に主流になってゆくと考えている。現在はその過渡期であって、様々な問題が起きつつも少しずつ解決されてゆくものと楽観視している。ただ、ボラティリティが非常に高いことを考えると、投資・投機の対象にしたいとは思わない。
本当にビットコインの将来性を期待している人ならば,
 リアル通貨 → ビットコイン
の変換はするかもしれしれませんが,逆はしないのでしょうね.