新着Pick
1497Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(追記)以下、個人的な推測ですが、これ「公文式の工作キット」なんじゃないかと。つまり、一枚の紙に書かれている問題の内、8割9割は解けるが少しだけ応用が入っていて、それがかえってやる気を起こさせる。低学齢が全て自分で工作出来る訳ではなく、組み立てる過程で何箇所か高学齢か大人のサポートが必要な部分があるのではと。やる気の継続だけではなく、世代間の会話が生まれますよね。
そもそもゲーミフィケーションも何も、ゲーム自体が存在してる訳で、これは学びの新しい形に成り得るのではと一人でワクワクしてます。価格は一見高めに見えますが、工作塾的なものに通わせることを考えたら、そんなに高い訳でもない。追記了


画面上だけではなく、自ら創ったものをそれと連動させる。デジタルとアナログのハイブリッド。

米国では"Primitive Technology(原始的な技術)※1"というYoutubeの番組が俄に人気。テクノロジーを使わず、自然のものだけでひたすら造作する動画です。テクノロジーが発展すればする程、人間自身が出来ることに思考が回帰する傾向の一つではと個人的には考えています。

段ボールを用いたものとしては、GoogleがVRデバイスとして過去に米国内で約1,000万個利用されてます※2。


※1 https://www.youtube.com/channel/UCAL3JXZSzSm8AlZyD3nQdBA

※2 https://vr.google.com/intl/ja_jp/cardboard/
本気で家庭を狙いにきているのが見えて泣けますね。
もう特筆されないくらい普及したものを新しい見方で使い爆発させる…枯れた技術の水平思考という考え方をそのまま体現していてよい、枯れた…の本もオススメです。
これはいい!
昨日、各種センサをうまく使った何かではないかと予想してましたが、ここまで巧みに組み合わせてくるとは。

sonyのtoioを思い出しました
https://m.youtube.com/watch?v=SphUHrlj1Tk
このタイプの「テクノロジー+工作」は、これからまだまだいろんな展開がありそう。

(追記)
朝から興奮してあれこれ考えていますが、これってswitchだから出来たんだなぁと。普通の携帯端末だと、スクリーンとコントローラが一体になっているので、ここまでの拡張は出来ないですし、据え置き機だと、スクリーンがテレビに固定になってしまうのでやっぱりできない。スクリーンとコントローラを離してどこにでも搭載できるというのが、ここまで生きるんだなぁと。
動画を見て、ただただ感動。ぜひみなさん見てください。
斜め上の発想!大当たりか大外れ、どちらになるだろうか。7000~8000円という金額は、小学生でもお年玉とかで結構買えるレベル。

Wiiなどもそうだが、みんなで遊んだり、体を動かしたりというのは任天堂が昔からゲームで持っている一つのコンセプトだと思う。
30半ば以上の世代だったら覚えている方もいると思うが、ファミコン時代には「ファミリー・トレーナー」というマット型のコントローラがあった。そのうえでジャンプと化すると、画面でもジャンプするみたいな。
と思って、調べてたら、Wiiのときにもそういうのがまた発売されていた。
まさに新しい展開。こうきたかという感じ。オープンで様々な企業や個人が参加できる感じにするとかなり面白い展開になりそうです。将来的にはそうなっていってほしい。
子供がSwitch遊ぶことを正当化する周辺アイテムを増やすのが上手だ。
まさかの段ボール工作キット。
アイデア出した人すばらしい!!

これは、すごい。
7,000円~8,000円でこんな楽しいことができる。
「つくる」プロセスがあるのが最高!!

良さを知るにはムービーを見るがいいです。
https://www.nintendo.co.jp/labo/index.html
うん、これは素敵。朝七時から感心してしまいました。
AmazonのダンボールとGoogleとiPhoneの拡張性を
まとめてHACK出来る様な。

さっそく新体験をさせてもらえるようなCAMPに申し込み!
夏休みの工作にも活かせそうだし、
子供たちも買ってもらえる理由が出来てよかったねw
(色々な意味で素晴らしいマーケティング)

楽しみです。
これはすごい。なぜ段ボールのピアノで音がなるか全くわからん。段ボールが7000円て高いと思うけどそれだけの価値はありそう。子どもたち絶対好きやしマストバイだ。
ただ段ボールだけに上の子が作ったものを下の子が壊して上の子が泣くという姿も眼に浮かぶ、、、
しかしSwitchの供給不足感がなくなったタイミングでこの一手。さすが任天堂。ここからプログラミング教育とかそういう分野にも出て行くのかな。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.86 兆円

業績