新着Pick
1611Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンク藤平さんとの対談が記事になりました。そもそもマーケティングでリアルとデジタルと分けることに意味があるとは思えないので、タイトルの「リアルの逆襲」というのは若干ミスリーディングかも。

ちなみに生徒会長の選挙の例は、本当は「夜の六本木で女性を口説く」という例だったのですが、広報から「不適切」とNGが出て、差し替えになりました(笑)。藤平さん、ソフトバンクとニュースピックスの皆様、ありがとうございました!これに懲りずに今後ともよろしくお願いいたします。
マクドナルド足立さんの言葉で、テレビとデジタルの比率は予算ベースで8:2くらいとのこと。覚えておきたい数字です。

この記事の通り、テレビ(マス)とデジタルは共存し役割分担していくものであり、どちらかだけになることはないと見ています。特にテレビオワコン説に対して思うのは、不特定多数に向けて広く認知させるためには、テレビCM以上の手段は今のところ無いように思えるということ。

ちなみにテレビCMの業種別出稿時間を見てみると、上位は通信、自動車、飲料食品、消費財、あたりでほとんど入れ替わりはありません。加えてこの数年はオンラインゲームも急増していました。デジタルの人たちもここぞというときにテレビCMを使っていることを考えると、少なくとも広告手段としてのテレビは、全然オワコンには思えないと個人的には感じます。
"購買情報はラストワンマイルに最も近い部分ですから、個人情報に抵触しない範囲で、統計的な研究はしています。"
全く違う業種に見えますが、意外に接点が多いですね。特に位置情報は両者共通します。さらにソフトバンクはスーパーフライデーでクーポンを配ってます。どんどん正確なデータがたまっていそうです。
マクドナルド足立さん×ソフトバンク藤平さんのマーケター対談です。
両社ともに、ポケモンGOを使ったマーケティング施作をやるなど、「位置情報」を使い始めています。
ソフトバンクでは、2015年に自社主導で合計2000万ドルを出資し、「シナラ」という米国の技術を導入しています。今までわからなかったユーザーの「リアル」な行動が見えてきたとき、マーケティングはどこへ向かうのでしょうか。
もうリアルとバーチャルを分ける時代ではないので、リアルorバーチャルという思考をやめて、理想の顧客体験を追求することに集中した方が良いと思います。
マクドナルドさんとソフトバンクのマーケティング実践例。

記事中にもありますように、出資先企業と連携してリアルデータを活用した新たなデジタルマーケを推進しています。
この対談のポイントは、
1.マスとデジタル、それぞれの役割を考えた上で、最適な順番・内容で出しわける

2.まずPRで世の中にキャンペーンのニュースを出し、次にSNSやデジタルでそのキャンペーンを拡散させ、最後にマスメディアで認知をさらに拡大する、というマーケティングの順番

3.デジタルで土台を作っておいて、マスメディアで一気に火をつけて刈り取る

この三点ですね。
...! あの足立さんが公にマーケを語ってる貴重な記事(広告)...!
タイトルやポケモンGoのみだしは、ミスリーディングですね。本質は、別の箇所ですね。
現代における認知や拡散、浸透の順番について勉強になる。どうしても先に本人が出てインパクト持たせたくなっちゃうけど、何者かも分からず、価値も分からずでは登場しても効果はない。いい噂が流れた後に本人登場。分かりやすい。

〝いい噂(PRやSNS)が流れた後に、直接本人が登場(=マス広告)すれば、認知や信頼を得る可能性は大きく上がる。だから順番と使い分けが大切なんですよ〟
そろそろ、マーケティングの議論は、論文ベースで行った方が良いのかも。
以上です。
この連載について
ロボット、AI、IoTをはじめとしたテクノロジーによって、飛躍的な進化がもたらされる近未来のビジネスソリューションや、情報革命の “次の一手”を紹介します。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績