新着Pick

リクルート、民泊参入へ…米エアビーと提携

読売新聞
リクルートグループは、マンションなどの空き室に有料で旅行者を泊める民泊の仲介サイト世界最大手、米Airbnb(エアビーアンドビー)と業務提携し、民泊事業に参入する方針を固めた。
902Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
古巣の久々の大きなニュースでうれしいですね。
こういった事をリクルートをはじめとする不動産ポータル大手が取り組む意義はあると思います。

単純に東京だけで考えても、これだけ宿泊施設が足りない中、賃貸の物件は常に15%程は空き家になっています。もちろん、単純に待機の物件もありますが、空き家期間が長い物件も多いでしょう。
賃貸となると駅から遠い物件はかなり敬遠されますが、宿泊なら許容度は緩まると思われるため、不人気物件は民泊運用したほうが良くなるかもしれません。
休眠施設の活用として、選択肢が広がるのはとても良いと思います。

もちろん、住宅宿泊事業法などによる規制がある以上大きな収益は難しいかもしれませんが、それも現時点での話。今は最大限規制がきつい状態なので、緩和を見越して今のうちから手を打っておかないと、いざ緩和となった時にはすでに遅し。ビジネスの判断としては正しいと思ってます。

いざ、民泊運用しようと思ってもやり方が分からない家主ばかりだと思うので、こうやってリクルートなりが入って一定のノウハウとクオリティを担保するのは大切だと思います。

今後、規制も含めてこのような「準民泊」に近い形態がどこまで機能するのか、個人的に注目しています。

#リクルートがやるとなると、SUUMOの空室状況や賃料
じゃらんの宿泊施設の利用状況や価格などをマクロでデータ集計して、賃貸運用と民泊運用のどちらが良くなるか、等の判断もできるソリューションとかも期待。
利用者もじゃらんで、民泊が比較検討できるようになる事を期待。

#退職から一年半経ってますので、もちろん本件は全く知らず、あくまで個人的な見解です。
提携はびっくり!(しかも、Suumoと)
しかし、これにて6月に向けた役者が揃ってきた感があります。

・リクルート x Airbnb
・楽天 x Lifull x Booking
・Relux x AirbnbやTujia x KDDI
・Spacemarket 単独?
・一休 x Yahoo
・百戦錬磨 x Cool Japan Fund(投資家ですが、、
・Expedia x Homestay
旅館に強いじゃらん。民泊を忌み嫌う旅館業界との喧嘩を避けたいのでできるだけ発表を遅らせていた。必要ない衝突は避けたいし、名乗りをあげる一番手になって矢面にたつ意味もない。2017年末に楽天、JTB、ブッキングなど他社は出揃ったし、6月に向けてそろそろ準備しなくてはいけないのでこのタイミングで発表したのだと思う。
これでほぼ全てのメジャーOTA(Airbnb含む)が日本でのパートナーを選んだ形になった。そして日本側の楽天、リクルート、JTBもそれぞれを見つけた。

一言言わせてもらうと、これ、もう本来の意味での民泊ではありません。事業者泊です。ホテルの新ジャンルです。それなりの事業プラン、資本、法的知識が必要になります。行政から課された管理コストの増大で参入ハードルが上がったので個人ホストのインセンティブは下がり、大資本がまとめて薄く広くとらなければ利益が上がりにくい構造です。加えて事業者がやってくれるとコンプライアンスも守るし、政府としても楽。なるべくしてなった形と言えます。

でもそもそもシェアリングエコノミーは会社から個人へのシフトを後押しするものであったはず。個人から取り上げて会社のビジネスになってしまったというところは大変残念。日本の民泊はシェアリングエコノミーの亜種になってしまった。

とは言え2年前から言っていますがこれは予想された動き。そしてその先には旅行者向けのホテルではなく、日本人向けの超短期家具付き賃貸という巨大マーケットがある。旅行者マーケットと不動産賃貸マーケットを比べると規模の差は歴然。そしてこれが主戦場。将来の賃貸マーケットはエアビーやBookingを使って、住む期間だけ契約、敷金礼金手数料なし、家具も据付で必要なし、大家さんにとっても借地借家法で居座りされるリスクもないというサービスアパートメント形態に進化します。これはその前触れ。インバウンドとか旅行とかホテルの軸で見ると見誤ります。
賃貸物件を載せる??
家具などを入れて民泊にも活用しておきながらスーモ賃貸に載せておけるということ?

それだとほとんどの場合はスーモと物件オーナーだけで済む話でなく物件管理仲介会社次第でもある話、そのあたりはどうなるんだろう。

表面だけ見るとインパクトある話だけど、よく考えるとそんなことが可能な物件はかなり限られるのでは…
SUMOというネットワークを持つリクルートとエアビーの提携とは!!

ある意味、最強のタッグですね。
これなら、民泊の法律の制限の下でも存分な威力が発揮できると思います。

おそらく、法施行を見越した動きでしょう。
都内だけでも65万軒以上の空き家や空き室(賃貸、分譲)があり、今回のSUUMOとAirbnbの提携による不動産賃貸と民泊運用のビジネスモデルには期待したいと思います。更に家具や寝具、家庭用品、電化製品等のメーカーとも提携するとおもしろそうです。
SuumoとAirbnbが連携!むしろ最強すぎて誰も勝てないかと。
これはすごい!

リクルートグループの不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」に掲載した賃貸物件について、借り手が見つからない時に民泊用として活用できるようにする。
賃貸の空室問題、また地方では相続したものの放置されている空き家問題、公営団地の老朽化・空室問題など様々な思惑も見え隠れします。民泊に今以上の価値や利便性がつけられるか。また、海外のAirbnbで起きた盗撮問題なども日本では起きないでほしいです。
この冬、初めてairbnbで民泊してみたが、まあまあいい経験だった。
しかし、宿泊する場所の品質として、悪意を持たれて利用(貸す方も借りる方も)されたら大変だなあとは思った。リクルートとしては諸々のリスク見越して突っ込んでいったんだと思うが、airbnbとともに品質の維持を進めてほしい。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
7.20 兆円

業績

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア