新着Pick
567Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィリップ・モリスは時価総額にして約20兆円の巨大企業で、その規模はトヨタ自動車に匹敵します。それほどの大企業でありながら、自己否定によってたばこの世界でイノベーションを起こしました。

彼らが変われたのは、たばこ訴訟などの「外圧」の影響もありますが、リスクを取ってでも変わるという姿勢こそが、アイコスを生み出したのだと思います。その決断をした男こそ、インタビューに答えてくれたカランザポラスCEOでした。

と、コメントが真面目になってしまいましたが、インタビューで一番印象に残っているのは彼がフィリップ・モリスに入社した経緯です。ガールフレンドのくだりを話すときは、20兆円企業のトップが少し気恥ずかしそうにしていて、なんだか親近感を覚えました。
地域団体に所属していると必然的に喫煙率はメチャ高いのですが、その面々がここ数年で一気に電子タバコに移行しました。
規制や風当り、紙タバコの大幅値上げなどの社会圧ありきのことです、社会のルールが変わればこれだけのスピード感で人の行動は変わるのだとまざまざと見せつけられた感があります。
なので
ルールの変更たる法改正などについてはもっと敏感であるべきと最近は特に心がけています。
タバコ屋のトップがここまで「タバコは有害だ」と明言しているインタビューは初めて見た気がします
アイコスが出来たからここまで言えるようになった、とも言えます
人材採用で苦労した話が生々しいですね。イノベーションを起こすには夢を語り、周りを説得して、というプロセスが大事ですね
IQOSは従来の紙巻タバコとは違う商品だ。電話とスマホが違うように。厚生労働省には、異なるものが生まれたという認識がない。役所は、つねに昨日の世界の規則で現在を縛ろうとする。イノベーションが明日は創るのだ。
IQOSが市場をここまで席捲するとは想像できなかった。いまでは当たり前のように多くの人がIQOSを使っている。記事の最後にあるように「2016年には、CEOである私自らが「フィリップ・モリスは将来的に紙巻きたばこから撤退する」と宣言」このニュースに半信半疑だったが、このインタビューで語られている内容を読むと納得できる。
非常に面白いインタビュー。たばこ会社が、いかにして主力商品である紙巻きたばこの将来を見極め、有害物質(タール)を削減しながらも中毒性(ニコチン)を維持した新商品を生み出せたのかがよくわかった。
前編の肝は、製薬会社から知見をもった人物をヘッドハンティングできたこと。そして、あえてポートフォリオ上の「リスク」を取る道を決断したこと。ほとんどの会社、というか経営陣はリスクを恐れて、スモールスタートを選択してしまうが、そこからはイノベーションは生まれない、ということなのだろう。後編が楽しみだ。
『言及するまでもないことですが、たばこは人体に有害なものです。これはもう議論の余地はありません。そして我々たばこ会社は、そういった有害な商品を売ってきたわけです。』という自己認識を明言していることがとても印象的。
自己否定からのイノベーションという流れは、ちょうど特集されている寺田倉庫の事例とも共通している。

知識創造企業で有名な野中先生が「イノベーションの作法」という本の中でこのようなことを言ってます。

"イノベーターたちが必ずもっているのは自らの理想を追求する姿勢
「自分たちは何のために存在するのか」を自分自身、チーム、組織内、社内を超えて問い続けている。"

イノベーションを生み出すには、時には自己否定をしてでも理想を追求することが大切なのかもしれない。

フィリップモリスの電子タバコ開発に投資した金額は、20億ドル(約2178億4千万円)と見積もられているようです。
大企業が覚悟を持ってイノベーションを起こしにいくと世界が動くことがわかる。

https://www.swissinfo.ch/jpn/経済vsモラル_衰退するたばこ産業-依存するスイスの地域経済/40797846
最近アイコスの有害性について指摘されていますが、健康経営取組みの一環として1年半以上喫煙取組みをやってきた中で一つ言えるのは、煙の量が減ることで非喫煙者が感じる体感ストレスは確実に減らすことができるということです。

各タバコ会社から加熱式タバコに関する話を伺ってきただけに、この記事は改めて勉強になりました。
「自己否定→企業の本質(構成要素)の再認識→ビジネスの再構築」、このプロセスを経ようとすると、リソースと時間を要する。
そこに腹をくくれるかどうかの問題。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー