新着Pick
251Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リユースの一番面白いところは、個人が事業主になれることなんでしょう。
読まなくなった漫画一冊にしても、ブックオフに売らずにメルカリで出品する。
商品のPRは小さなマーケティング戦略ですし、配送の手配や入出金の管理はモノやお金の動きを自分の身で直感的に知ることが出来る。

だから個人的には小中学校の授業にリユース市場の体験学習をするべきだと思います。
地域のバザーに出品するのもいいでしょうが、どうせならフリマアプリを使った方がいいでしょう。これからは顔が見えない相手と商売をする時代になるので。
皆さん意外に思われるかもしれませんが、ヤフオクの流通量(額)は大きいのです。

未だに古物商達はヤフオクを利用していますし、高額な商品をネットで売ろうと思うとメルカリよりヤフオクです。利用者の層が違います。

ヤフオク自身メルカリに押されまくったのは事実ですが、上手く住み分けが完了したなあと私は見ています。
自動車を除くモノの消費市場は50兆円。それに対してリユース市場が1.1兆円ということは、約2%の規模感。ブランド品・衣料品市場に与える影響も大きいわけです。
ただ、既に作られているものの再利用ですから、GDPの基準となる付加価値に換算すると、医療機器やホテル旅館業よりもかなり金額が少なくなりそうですね。
リユースと聞くと、どうしてもメルカリなどのtoCをイメージしがちだが、やはり最大の市場は自動車、バイク。当然といえば当然。ただ、やはり、フリマアプリは大きく成長してきている。
ここに、中古戸建や中古マンションの市場は入ってないですが、自動車も含めて、売れる事も見越して購入するジャンルのモノの二次流通は大きいですね。
リユース市場の成長は実は新品市場の成長にも寄与すると聞いたことがあります。例えば、ファッションのZOZOタウンも買い取りに積極的ですが、クローゼットのスペースを確保しないと、新品・セカンドハンドに関わらず売れないからです。
価値観が変わってきています。
新品でなく中古品でも上手に使いまわして豊かに暮らす。
右肩上がりの時代じゃないからこそ、時代に合わせた選択をして行きたいのです。
市場拡大?まだ日本人は、我が国がどんどん貧しくなってきていることに気がつかないのだろうか?すでに同一労働の平均賃金は中国沿岸部に抜かされている。株価は海外の機関投資家が底上げし、日本人の賃金は上がらずカモにされている。もう古着しか買えなくなった我が国の市場拡大という表現が、この国の茹でガエル度を表している