新着Pick
756Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「倉庫がなくても、倉庫業はできる」。寺田倉庫が2012年にスタートしたミニクラ事業というのは、これまで物流が嫌がってきた、個人の所有物をあずかるというビジネスを作り上げました。最初は月額50円でやれ!という、指示が社内で飛んだと聞いています。

膨大な空間を、何十万という段ボールで埋めていることもすごいのですが、もっとすごいのは、倉庫業でありながら、もはやフィジカルな空間を自社内で確保することにこだわっていないこと。むしろ、空間に保管されているモノのデータを把握することで、付加価値をつけようとしています。

たとえば今後、個人がミニクラに預けている保管品に、自動的に「ネットで売買したら何円で売れる」という市場価格が表示されるようになったらどうでしょうか。倉庫でずっと死蔵するようなモノが、動き出すのかもしれません。

倉庫業から、情報業へ。異端企業のビジネスモデルの変化を、これからもウオッチしていきたいと思いました。
倉庫を借りるのは、大変なんですね。
ベンチャーだと、それだけで門前払いされるそうです。

寺田倉庫と組めば、寺田倉庫の信用で、契約の壁が取っ払われます。
寺田は、倉庫業ですが、自前の倉庫をほとんど持ちません。
だから、受ける倉庫も競合にはならないのです。

地方の倉庫にはかなりの余剰スペースがあるので、実は倉庫業側からしても
借り手を見つけてきてくる、寺田の存在は倉庫側にとってもありがたいのです。

倉庫そのものの場所の選定から、倉庫内のオペレーション、そして当然API。エアクロに対して寺田倉庫はアプリの裏のことをトータルで請負いました。

素敵なアイデアと、アプリを作るエンジニアがいるベンチャーでも、
バックヤードのシステムや、オペレーションのノウハウを持っていないところは多いでしょう。そういう時に寺田倉庫の出番です。

寺田と組むことで、ベンチャー企業は、表のサービス開発に集中することができるのですから。

ミニクラ のAPIの強みは他がほとんどやっていない一個一個物を管理できる「ユニーク管理」です。
これは、これから市場の拡大が見込まれるシェアビジネスと非常に相性がいいので、ミニクラ 経済圏がどんな広がりを見せるか、注目したいです。
Amazonしかり、物流や在庫管理のノウハウが、どんどん競争力の源泉になっている。
記事から、①個別化、②経済性、③ROICについて考えたい。

①個別化は、記事にある通りでミニクラの個人対応や、エアクローゼットの個々のアイテム管理。小口のものを扱うには細々とした管理をしないといけなく面倒=管理コストがかかる。そこのシステムとオペレーションをちゃんと構築できていることが肝。

そのうえで②経済性。当たり前だが大口顧客のほうが価格交渉力が高い。逆にtoCの小口顧客は価格交渉力がない。①のためにコストがかかっても、それがちゃんとできている企業しかそもそも競合がいないし、toBと違って自分で価格を決められる。昨日の中野社長のインタビュー(下記)でもあったが、価格競争じゃないところで戦えて、面積単価が上がるビジネス。
とはいえ、現在は記事を読む限りはminikuraは宮城、エアクローゼットは神奈川の倉庫を使っている模様。本質的には、顧客に近いところでやるほうが物流コストは下がる。どちらも規模が拡大すれば、顧客に近いところで運営でき、もっとコストが下がる経済性ももっているのだろう。
https://newspicks.com/news/2749277

③のROICについて。minikuraの倉庫は自社のものではなく、ただ倉庫オペレーションを寺田倉庫が担当しているとのこと。
倉庫は設備そのもので投資額が大きい。一方でオペレーションのシステムなどはソフトウェア含めた仕組みと、それを回す人員。ソフトは一定の金額はかかっても、設備ほど一般論としてはかからないし、規模拡大してもあまり増加しない。人員は変動費なので規模が拡大する中で増やせばよい。
つまり、投下資本がかなり少なくて儲かるビジネス。投下資本が少なければ、拡大するときの再投資資金もそこまでいらない。売上に対しての利益率だけでなく、資本に対しての利益率の発想も強いと感じた。
2016年にAPIに関する特許も取得しています。同時にAPIを活用するベンチャー企業への出資も開始。
CFに寄与するAPI提供の超分かりやすい好事例。
https://www.terrada.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/20160512_minikuraAPI-Patent_Press-Release_JP.pdf
モノが資産から、データが資産の時代に変わってきている。寺田倉庫はモノを預かる倉庫業のビジネスモデルを、データ蓄積→他サービスと連携の仕組みをつくり、倉庫をカスタマイズするというビジネスモデルに転換した。
minikura APIの数は300種類近くあるとのこと。

この動きはAmazonとも共通している。AmazonのAWSも、自社のノウハウやリソースをオープンソース化→マネタイズという仕組み。
モノの公共化がどんどん進んでいる印象がありますが、情報と物流の連携がなせる技という舞台裏が垣間見えました。
食に関してもすでに生産者と直で繋がるようなアプリが生まれていますが、ミニマムな食流通におけるイノベーションも近々起きるのではないかという気がします。
APIをつかった倉庫システムが画期的。単なる倉庫事業ではなく、 ソフト面を確立してどんどん周りと連携して、、そうやってひとつの経済圏を作ってるのがすごい。
完全に自社倉庫「も」持つBtoBtoCのIT企業ですね。
名目ともにSaaS(普通の意味以外に倉庫/storage as a serviceも兼ねて)という感じ。
引き続き面白い記事。シェアリングなど新しいジャンル用に仕組みを構築。歴史にあぐらをかかず、新ジャンルに寄り添いノウハウを活かし新たな商売の種に。
ホテルや旅館のネット予約が可能になったおかげで空室率が減るわけで、この考え方はいろんなビジネスに応用できますよね
この連載について
半世紀以上前に米倉庫として生まれた、老舗の寺田倉庫がまるでスタートアップのような「革新的サービス」を続々と生み出している。これまで頑なにメディア取材を受けなかった中野善壽社長の独占インタビューを筆頭に、秘密のベールに包まれた、寺田倉庫の「変貌」と新ビジネスの舞台裏をレポートする。
寺田倉庫(てらだそうこ、英語: Warehouse TERRADA)は、東京都臨海部の天王洲アイル(東京都品川区)に本社を置く倉庫業者。基幹事業の保存保管事業では、ワイン、アート、映像フィルムなど、各商材に適した温湿度管理による保管と、倉庫会社の枠を超えた新規事業を展開している。 ウィキペディア

業績