新着Pick
685Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
近年でいうと、国民的ヒット曲(前前前世と恋)があった2016年が異例だったのかもしれません。2017年の邦画は広瀬すずが先輩や先生を好きになりすぎでしたね笑。
日本だけでなくアメリカのカルチャーにも話が及んでいて面白い。星野源最強、わかります。昨年末に帰国したら、逃げ恥の集中放送もやっていて嬉しいと思うと同時に、これイカンでしょうと感じたのも事実です。

個人的には数年前から米津玄師推しなので、彼にスポットライトが当たり始めたのが密かに嬉しい。石原さとみ主演の「アンナチュラル」主題歌のLemon もとてもいいんですよ。
昨年末のお笑い番組でも感じたことですが、ポリコレ云々の話って、事の良し悪しを真面目に検討するよりも、そんなものだと割り切り、素直にリスクファクターとして織り込んでしまう方が、作り手にとっては良いと思うんですけどね。
訴えるべき思想や信条があるのであれば、話は別ですが、そんな考えもなく発信するのは単に無知なだけですし、費用対効果にも見合わないでしょう。
https://newspicks.com/news/2727566/

それにつけても本稿、ロキノン的な、あまりにロキノン的な論評。
記事にもある米津玄師は素晴らしい。ここ10年で一番衝撃のアーティスト。
エンタメへのチャネルがテレビからSNS、動画サイト、音楽アプリに移っているだけで、レベル高いアーティストはむしろ昔より増えてる気がします
2017年の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』個人的には実際見ましたが、すごい良かったのですけどね。

どうしても、「君の名」と比べてしまうと、期待値が高くなりすぎたのかもしれませんね。
ある程度の独立性がないと、アーティストは尊敬されない時代だと思います。たとえ事務所に所属していても、そこでアーティストが独立性を持って動いていないと憧れの対象にならない。

柴 たしかに。アーティスト自身が意思決定しているかどうか、という。SNSが普及したことで、よりそのことが見えやすくなった。
ポリティカル・コレクトネス
略してポリコレ。
同じ時代の先取りとしても
昔のパリコレとは違う響き。
グラミー賞は、明らかにブラックミュージックが
牛耳る様になりました。ヒップホップとR&B確かに
自由で素晴らしい表現なんだけど、ヒップホップは何を歌っているのか
聞き取れず理解出来ない語学力の自分が残念。
矢張りエド・シーランを応援しちゃう。
日本においてはハチ君(米津玄師)の打ち上げ花火だけだったのね。
洋楽はヒットしたものもあります。邦楽で聴きたいと思わるプロダクションって知りません。純粋に音楽だけで勝負していただきたい。
とりあえず、2017年は君の名はとシン・ゴジラを何度も見た。結局、2016年が凄すぎた気もするし、そういう波は今までも何度かあった気がする。

2020年後を意識して動いていくというのは、どの分野でも当てはまりそう。
2017年は日本サッカーにとっても海外サッカーにとっても変化の兆しが見えてきた年だったな。これからその顔が出てくるのだろう。