新着Pick
929Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
TetherやZenと比較するコメントがあるが、「銀行が」業として行うのであれば、対応する預金が発行されているか、ストレス時にも既定のレートで買い取るか、といった課題が解決できるので、USDTやJPYZよりも改善された提案だと言える。
--
他方、かかる取引所が円の現預金とコインを交換するだけだとすると、交換所を開設した国でしか使えないので、海外送金には使いづらい。本支店、海外支店で使える預金の一種とか変わらないことになる。それでも、銀行が価値を保証すると宣言した、ネット上で転々流通する決済手段になるから、上手に普及させさえすれば、単なる電子マネーよりも便利なものにできるだろう。
--
月並みだが、仮想通貨かどうかとかではなくて、ユーザがどう便利になるか、その具体的な方策をしっかり考えてきっちり進めることが大切だと思う。
大口送金を銀行に限っている資金決済法等の規制緩和をすれば済む話のところ、銀行の既得権益を守ろうとするから、ややこしいことになる。MUFGコインなるものは電子マネーとほぼ同義であり、であれば、一定の基準を満たした一般の電子マネーで大口決済を可能にすればいいのだ。

そうでなければネットバンキングの改善で対応できる範囲の話。

既得権益に媚びた規制はイノベーションを阻害するという事例の典型。

(一部、誤字訂正しました)
仮想通貨の場合、その信用を何処で担保
するかが、性格を形作る。

ビットコインの場合であれば、
暗号化技術による、希少性、金と同じ
理由で価値を決めて行く。

三菱UFJの場合は、それは何か?
円に固定するのであれば、円と銀行が
担保する信用により、成り立つのであろうか?

しかしもしそうなら、仮想化するメリットが
あまりわからない。では、円をブロックチェーンで
使えれば良いではないか?

これだと、特定の目的にしか使えない、ポイント
と変わらないのではないか?
何に使うんだろう。。そうか、銀行が円ペッグされた仮想通貨を作るからわりと安全な法定通貨と仮想通貨の交換手段として使えるって建てつけなんかなー。となると、振込みたいなややこしいことする必要なくなるしいいなー
今までMUFGコインは1円=1コインを銀行業の範囲で行うと考えられていました。この記事が本当だとすると、コインをあえて変動相場にする事で仮想通貨扱いにして、仮想通貨交換業を行うのでしょうか?

そうだとすると、ほぼ法定通貨と同じような効用を持つ MUFGコインが基軸(仮想)通貨となる可能性があり、大きな利便性が期待されます。

今までの法定通貨PEG型コインはカンターパーティーリスク(発行体の信用リスク)が排除できませんでした。発行体、もしくはゲートウェイなど現金を預かる企業が倒産してしまうと、世の中にあるコインの数と現金の数量に不一致が起こり、いわゆるババ抜きが発生してしまうからです。

その点において、銀行が発行する法定通貨PEG型コインはカウンターパーティーリスクがほぼなく、安心して使用できるのではないでしょうか?
こういう動きがどんどん広がってほしいです。

ブロックチェーンを利用した仮想通貨は陶器商品ではありません。
交換手段として利用できてこそ本領発揮です。

今の状態は明らかに異常です。
仮想通貨の魅力の大きな要因は、管理されていないことにあります。リスクの軽重より公平性・透明性を求める時代の流れに合っているからこそ、ここまで普及したとも言えます。管理は安心につながるかも知れませんが、裏を返せば管理者のバイアスの中に置かれるということ。市場がどう評価するのか注目したいです。
独自取引所の開設で、「取引を利用者とMUFGの間だけにとどめるなどして、コインの価格をほぼ1円になるよう誘導する」とのこと。
こうなると、航空会社のマイレージなどとあまり変わらなくなってくるなぁと考えてしまいました。
なんだこれ?
それより自社のネットバンキングをどうにかしてくれ。IEしか使えないとか手数料がバカ高いとかひどすぎる。
敢えて1MUFG≒1円の変動相場とする仮想通貨方式を取ろうという姿勢が良いですね。

おそらく交換方式は、いったん円等価の仮想通貨建てで発行権を行使するZenとは違って、おそらく、利用者が自分の円建て銀行口座の残高から、オンデマンドでMUFGコインの発行請求をできるものになるのでしょう。

そして、MUFG自体はこれを自社取引所に1円で買取る注文を出す。これが約定した時のMUFG取引所内の動きでは、1MUFG(仮想通貨)⇒ 1円(銀行口座)というオペレーションをするのだと推測されます。

この推測通りであるとすれば、仮想通貨でありますから、利用者は、1円より安く買う指値を出すこともできるし、1円より高く売る指値を出すこともできるようになるはずです。

そしてこの際、MUFGが自社以外のカウンターパーティ取引所に対して、MUFGコインの流動性を供給するときには、±0.01円とかのマークアップを上乗してもいいわけですね。

こうすることで、理論上市場価格1円前後を保つようになるわけですが。上記のような方法は、Zen(JPYZ)の方式よりより安定的な為替相場を形成しそうな気がします。

さて、市場価格が常に1円前後で推移する仮想通貨ができると何が良いのか?まだぴんと来ない人も多いでしょうが、ブロックチェーン上に流通するあらゆる仮想通貨(幾多あまたのICOトークンも含む)と交換可能になる可能性がある。ということです。

この「あらゆる仮想通貨との交換」実現するために必要不可欠な技術が、おそらく今年の注目のキーワードになる「インターオペラビリティ」すなわち「異種ブロックチェーン間の価値交換の相互の入れ」なんです。

先日、当社とJCB様との取組みでプレスリリースさせていただいた内容も、それにつながるというわけです。楽しみですね。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000229.000011361.html