新着Pick
97Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界最強と言われる米海軍第7艦隊を指揮下に置く米太平洋艦隊はホノルルに指令部を持っており、ハワイが狙われてもおかしくない。「これは訓練ではない」と言われれば、避難するしかない。
馬鹿なシステム作るからだよ。迷惑な。
日本もそうかも知れませんが、警報への信頼が低下するとすれば、気がかりですね。大きな被害が出た先日のカリフォルニアでの大規模地滑りでも、避難勧告のあり方や、聞き入れなかった住民の存在が論点になっています。
米国にもしっかりとこうした仕組みが備えられているのだな、と感心した。
日本も最近になって地震対策でこうした警報の仕組みが導入されたけれども、これはミサイル発射の場合にも使えるようになっているのだろうか。日本でたまに見られるパターンとして、制度上こうした応用が予定されていなかった、運用が整っていなかった、ということが後から判明するというお間抜けなケースがある。
米国政府や韓国政府の主にトップに起因する不確定性により、北朝鮮によるミサイル発射は、少なくとも日本がこれを完全にコントロールすることができない程度には、明白かつ現在の危険の一歩手前くらいのリスクにまで高まっているので、日本政府はこうした速報体制についておさおさ怠りなく準備をしてほしい。また、こうしたものは準備しただけではだめで、準備をしたということをきちんと国民に伝えるということと、日頃の訓練も大切だ。
震災に伴う原発事故により、起こらないという建前を前提とする不作為は悲劇を生むということを我々は学習した。ミサイル対応は、こうしたことを教訓として、起こりうるということを前提に、訓練を怠らないようにしたいものだ。
誤報は良くないが、誤報で良かった。
準備はしっかりと ご老人多いので
冷戦下のアメリカの学校では、核攻撃からの避難訓練があったそう。なぜ恐怖に怯えて暮らさなくてはならないのか?
アメリカが日本に向けられて来たみたいな、自国海域への寸止めミサイル墜落をした時のシナリオはどうなっているだろうか
懸念を表明では済まないと思うが