新着Pick
530Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソーシャルメディア側が個人の嗜好を学習してコンテンツを最適化して行くと、我々ユーザーにとっては一見便利で居心地の良い場所になる一方で、偏りはどんどん強くなる。サービスの価値向上戦略としては今多分それが正しいが、パーソナライズが行き過ぎると、気付かぬうちに思想が傾斜してしまう事に社会がリスクを感じ、フラットに情報に触れられるメディアが選ばれる時代への揺り戻しが来るかもしれない。とは言え、いきなりフラットになるのも想像つかない。その中間で、揺らぎを上手く生み出してるメディアが勝つのかなぁ。‪ユーザーが偏りを感じ過ぎない為のセレンディピティや「意図的な偶然」の設計。考えよ。‬
これはバブルではなく、フイルターバブルの事を言っています。
イーライパリサーという人の著書で一般化した言葉で、インターネットの登場により、検索結果やSNSのアルゴリズムでは自分の好みや考えに近い物事だけが研ぎ澄まされ、異なる意見や興味の範囲外の物事に触れる事が少なくなる現象を言います。
最近ではよくエコーチェンバー(残響室)という言葉も同様の意味で使われます。

オバマはこれにより暗に、トランプ支持者であるRed States住人、ラストベルト住人達の世界を見てこなかった、自分も含めた東西海岸の住人達の反省を示唆しています。
オバマさんは退いてからのほうが発言がシャープで理知的に聞こえる。それは権力者というフィルターをこちらが外して見ているからだけのことかもしれないが。
一気見してしまった。これは本当に面白かったです。次回はジョージクルーニー。Netflixの吸引力すごいね。
"そうなるとやがてあなたは、泡(バブル)の中だけで生きるようになる。それが、私たちの政治が今、非常に分極化している理由の一部だ”。"
なかなか自分がその泡の中にいることを実感できないことも問題。当たり前のように感じてしまうが、それは自分だけが思っているのかもしれませんよ。
アマゾンプライムは配達期間短縮のためにずっと必要で加入していると、暇つぶしはプライムビデオでいいやとなり、Netflix辞めて久しいですが、こういう番組を知ってしまうとまた入りたくなる。ロバート・ライシュしかり。

ネットフリックスに降臨。ロバート・ライシュが語る「資本主義の救済」
https://newspicks.com/news/2733146
Egypt をサーチした時のフィルタリングの話はなるほどと思いました。FacebookのようなプライベートSNS系のフィルタリングはしょうがないとしても、Googleで客観的史実をしらべるときにこれをやられると痛いなあ。Free(無料)の怖さを思うのは、こういう時です。

しかしオバマはカッコいい。こういう素敵な歳のとり方をしたいものです。お母様の話もよかった。
今みましたー。すーごい良かった。マジメな話も良かったけど、こどもや奥さんの話もじわっときました。
オバマ氏の主張に納得。ただアメリカの分極化が進む中、この指摘が共有されるのもリベラル派のフィルターバブルの中のみかも
「民主主義の危機について問われたObamaは、“あなたが得るすべての情報がスマートフォンにアルゴリズムが送ってくるものだけであってはならない”、と警告した。」(記事引用)

あらゆるメディアはコンテンツをパッケージ化する。紙の本も雑誌も例外ではない。しかし私たちは物理的に紙の本や雑誌を手に取るとき、それがパッケージ化されていることを自覚している。そしてそのパッケージの中に越境していく。そしてページを閉じるとき、そこから無事に帰還する。だがデジタルな環境では、メディアの境界があいまいであり、時に意図的に消され、私たちはそこがパッケージ化されたコンテンツ世界であることを忘れる。デジタル環境を定期的にオフにする勇気と知恵をもっていたい。
ネットフリックス(英語: Netflix, Inc.、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 ウィキペディア
時価総額
20.0 兆円

業績