新着Pick

高度人材が日本では働きたがらない根本理由

東洋経済オンライン
人手不足が深刻化する中、日本では海外から単純労働者を受け入れる必要があると考えている人が多い。日本人がやりたがらない仕事をしてもらうためだ。しかし、熟練労働者についても、移民受け入れの必要性は少なく…
244Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
働きたがらないのは高度人材より単純労働の方が深刻。
技能実習生制度だって、ILOから現代における奴隷制度だと是正勧告を受けているのに、ちっとも改善されておらず、外国人労働者にそっぽを向かれているからと職種を増やそうとしているし。。。要は低賃金で嫌な仕事を外国人にやってもらいたいだけ。国のやっていることは、日本人として本当に恥ずかしいです。そんな状況を見ていたら、頭の良い高度人材は日本に近寄らないと思います。お金の問題だけじゃない。
そしてもう一つ大きな問題があります。高度人材はすでに一定の財産を有している可能性が高いですが、日本に長期滞在することにより、海外資産も日本の高い税率で課税されるリスクがあります。特に高い日本の相続税が、来日以前に築いた資産にさえ課さられるということになるのです。長期滞在したくても、そんな理由で出国した高度人材の外国人を多く知っています。
1.給料が安い
2.仕事できない年寄りが多い

労働市場に流動性がない、年功序列の弊害と言えるでしょう
一般論から入りますが、日本は、高度人材というより、専門家を冷遇しがちな気がします。

大きな批判があることを承知で敢えて言えば、マクロには、総中産階級社会として、文系 → 大企業・組織の滅私奉公 → 経営 の年功序列・終身雇用の勝ち組がお金と権限を圧倒的に管理してきた名残がいまだに色濃く残っていて、大学や実務等で苦労して培ったスキル、技術、ノウハウなどを駆使する人たちと間に、大きな勾配があることによる気がいたします。

右肩上がりの時は、遊びや余力があったんでしょうから、多くを飲み込めたのかもしれませんが、お金が厳しくなって、目の前の経営をしなければいけなくて、専門家や技術者の苦労を理解できない経営層は、すぐに成果が出ないもの、時間をかけて育むもの、持続可能な発展の芽や萌芽などを、労働者の派遣への切り替えなどとともに、バッサバッサ減らしたり切ってきたという面もありましょう。

IT専門家や介護士などは、そんな時代の流れとともに社会需要とともに産業として急速に必要となってきつつあるのでしょうが、ことIT専門家は、世界の流れや変化に対応し切れずに(追随し切れずに)、モサモサしているということでしょうかね。

ということであれば、今の現状は、変わらねばということが概ねわかっていても、今の図体がデカすぎて舵を切っても曲がりきれない、慣性力の強すぎる車に乗っているようなものなんでしょうか?そうであれば、スモールビジネスイノベーションがガシガシ出てくることが大切なんでしょうけど、大切なことは、具体的にどの分野・領域・業界の話をしているのかをキチンと見定めることからかなと思います。IT分野を全部が全部ということでもないと思います。
食いもんがうまいことと安全なこと以外、特に働きたくないですよね。外国の人。
賃金もそうですが、評価出来る管理職が少ないというのも大きな要因では。
外国人が日本で働くメリットは安全、美味しい食事、日本が好きだからのどれかでしょう。企業の魅力や待遇への魅力はないと思います。

ワークスの事例がでていますが、ウチもここまでくるのは苦労しました。人事制度は元々グローバル統一なので、日本人が不公平を喚くというのはありませんが、強豪揃いのIITでの採用は大変です。(https://newspicks.com/news/1985798 に詳しく書いたのでご参照いただければ)

社内には何人も外国人がいますが、彼らは日本人と違って報酬をちゃんと要求します。報酬は高ければよいというより、高くなければいけない位の温度感ですね。やりがい搾取はゆるされないです。特にインド人は「ITスキルを身につければ、家を救える(カーストから抜け出せる)」と思ってこれまで勉強している人が多いです。日本の論理を突きつけても通用しません。
先ずは雇う側が高度人材にならないといけないですね。
IT人材とはいかなる人か?開発ができるだけの人なら山のようにいる
記事の通り言葉の壁は大きいでしょうね。
ずば抜けて高い専門分野があったとしても日本語を話せないだけで、いくら優秀でも採用されないのが現実です。
その点、上司やマネージャークラス以上で残念ながら英語を話せる方も少ないですから「日本語ありき」の採用基準です。
ですが、それでも日本で働きたいと来る方は純粋に日本が好きな方です。
先日もとある外国の方と食事へ行きましたが、やはり純粋に日本の文化やグルメなど日本が好きな方でした。
ただ個人的にはいい加減、そこに甘えるのではなくダイバーシティも含め、良い人材を積極的に活用していくためには脱日本語ありきの採用や働き方を見直すことが求められます。