新着Pick
494Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネット証券各社がベーシス単位で手数料を競う中、宝くじは50%を胴元が持っていくわけですから、ギャンブルと投資を並列に語るのなんて、ナンセンス極まりないことがよくわかります。
それを踏まえたうえで節度あるレクリエーションとして楽しむには良いと思いますけどね。

その一方で、尊敬する起業家の方が、予備知識がない状態から海外のカジノに通い、種銭100万円を1億円にまで増やしたという話を聞いて、驚くとともに、やはり人為的な操作が為されているんだなとも思いました。即座に出禁になったようですが。
期待値もそうですが、確率だけを考えてもギャンブルは割に合いません。

不謹慎かもしれませんが、とあるところで安全教育に使っていたときの例えとして、「宝くじに当たったらどうしよう」と楽しみにするくらいなら「事故を起こさないように注意しよう」と考えておかないと駄目だよ、というときに使っていた確率をご紹介します。

日本のジャンボ宝くじの1等の当選確率は
1/10,000,000
と決まっています。

日本国内で交通事故で年内に死亡する確率は
3,000(per year)/120,000,000 >> 1/10,000,000
です。

関連して、こんなページを見つけました。
ジャンボ宝くじの1等当選確率は雷に撃たれるのと同じ!?
https://matome.naver.jp/odai/2140479404950634801
日本のギャンブルが割に合わないことは、おそらく多くの人が知っているでしょう。

競馬や競輪は娯楽の一種なので、オマケ付き消費と考えている人が多いのではないでしょうか?

宝くじは、当選発表日までをワクワクした気分で味わえるので、これまた消費。
滅多にオマケは来ませんが…。

自身を「パチプロ」と称している人たちが…一番タチがわるい^^;
リスクとリターンばかり考えてる仕事のせいか、逆に何にも考えなくていい宝くじとかLOTOとかは、結構好きですけどね。
買わなきゃ当たらないのも、また事実。
ギャンブルは、「当たったら大きい」という効用や夢に対してのコストを払うもの。当たった時にドーパミンが出るし、それゆえ中毒性があるのは社会的なリスク(なので一定の規制はあってしかるべき)だが、一方で夢に対してお金を払うこともまた別にあってはいいとも思う。

株式投資について、ギャンブルではないという認識が広がるためには、長期で上がっていて、多くの人がその利益を享受していることが必要。失ってばかりだと、プラスサムと言われてもそうなっていないでしょとなる。
だから、再投資のリターンを上げて累積的にリターンをあげるという点で、ROE・ROICが上がること(その源泉として、そもそも赤字になりにくいように利益率を上げたり、そのために合従連衡含めた市場退出も一定起こること)はとても重要。
僕はギャンブルを一切しないポリシーだ。公開株式投資もしない。自らが運命をコントロールできる投資しかしないのだ。つまり、ベンチャーキャピタルやソーシャルインパクト投資さらには茨城ロボッツなど取締役に入る投資のみ実施するのが方針だ
行動経済学のプロスペクト理論ですね。
とはいえ、Misumiさんもご指摘されていますが、逆に株はギャンブルと同じでしょ、と感覚の人も多いのは残念です。
株や投資信託への投資は、「長期投資は資産運用、短期投資はギャンブル」と割り切って考えましょう。その上で、他のギャンブルと比較すると、楽しいですよ。
競馬や競輪は数分間しか楽しめませんが、株式投資は何日間も楽しめますから。
もっとも、競馬や競輪に老後資金をつぎ込む人がいないのと同様に、短期投資は小遣いの範囲内で行いましょう。
ギャンブル=期待値マイナス、投資=期待値プラス。例:ルーレットはどこに投げても1/38で当たって36倍払戻、2÷38=5.26%が胴元の儲け。つまりルーレットは−5.26%のゲーム。ちなみに宝クジ−50%,競馬−25%,パチンコ−10%〜15%。逆に投資はプラスになる対象にお金を出すもの。株価(企業の買取価格)=利益×期待値なので利益が伸びていれば株主はリターンをとれる。債券投資=金を貸すことなので貸した分を回収できればプラスになる。まあ好きでやってるなら期待値とか無視していいんじゃないですかね。
割に合わなくても、合理的じゃなくても、世界から決してなくならない。それがギャンブルなのでは。ギャンブルは、紀元前まで辿れるという、ある意味で確固たる歴史を持つもの。投資の歴史より遥かに古い。人間の不合理性から、生まれたようなものだ。ギャンブルから、投資へというベクトルは意味がない。