新着Pick
1421Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
知的好奇心の強さが、ビジネスの多角化としても成功したということなのでしょう。

ビジネスでも、「…という工夫を加えてみてはどうか?」「これは使えないか?」などという好奇心が実を結ぶことがよくあります。

私は、無音病院で長時間待たされた経験を活かして、事務所スペースで「リラックス系の音楽」を小さな音で流すようにしました。
時間厳守で待たせることはありませんでしたが、少しでもリラックスして話していただくための工夫です。
(今はどこでもやっているでしょうけど…)
すごい人生だよな
>実は地図づくりは口実に過ぎませんでした。至時と学ぶなかで「地球の大きさを知りたい」という好奇心が強まり、その探求を果たしたいという思いが地図づくりを実現させたのです。

へー!!!そんな科学者的なマインドがあったとは!!!

若い頃に事業で成功して貯めたお金を使って幼少の夢を叶えるというパターン、トロヤを発見したシュリーマンと似ているかも。ただし、シュリーマンは発掘方法が杜撰すぎて遺跡を破壊し後世に汚名を残した。対して伊能忠敬はキッチリした仕事をして後世にわたって評価されている。それが違い。
【歴史】伊能忠敬というと佐原のイメージが強いけど、記事にもある通り隠居後の拠点は深川。その縁もあってか富岡八幡宮には伊能の顕彰碑がある。
まさに、異能だったか、伊能忠敬
幾つになっても知的好奇心を失わぬ姿勢。
見習いたい人生ですね。
好きなことを始めるのに年齢は関係ない。50才の時に、19歳も年下の人間に師事する。55才で日本地図を創る。
レイ・クロックがマクドナルド兄弟と出会った時は52才。カーネルサンダースがレシピをフランチャイズしたのは62才。
伊能忠敬がその身を持って示すのは「決して諦めない」という生き方。一人の人間の「やりとげる力」は、新しい時代を作り出します。
天地明察を読むと測量の話も出てくるよ
凄い、素晴らしい