新着Pick
167Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
PwC Indiaの収入に占める監査の割合は30%で、残りはアドバイザリー収入とのこと。ただし、Tata SteelやHindalco Industriesを含む75社の上場会社の監査人になっているそうなので、どの程度影響あるかは外からは未知数ですね。

ちなみにインドの監査制度は、5年間監査人になれば、その後強制的に監査法人をローテーションさせられます。
記事本旨からそれて恐縮だが…
マルチ・スズキはインドPwCの顧客ではないという言及があったので、そういえばスズキの監査法人がどこか見てみたら、清明監査法人というBig 4ではないところだった。
これ厳しいけど、緊張感を促すにはすごくいいペナルティかもしれません。上場企業が頼める監査法人の選択肢が少なくなって困る事態も考えられますが。
10年も前の話でなぜ今頃?とは思うものの、お咎めなしの日本よりはまともかな。
不正を見抜けなかった日本の監査法人は、余りお咎めが無かったことと対照的です。
2年は相当厳しい。でも本来はそれだけの厳しさが必要なんでしょうね。