新着Pick
832Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
短期的にはトラフィックネガテイブ、長期的にはポジティブの可能性秘めてるフォーカスの方向性ですね。
個人的にはこちらのニュースに期待。
"たとえば、現在は「Today In」という、ローカルなニュースやイベント情報がフィードで得られる新しいセクションを米国の一部の都市で実験中だ。"
ローカルコンテンツの集積庫がないですから。日本語だとほとんど内容がありません。。。涙
6つの都市でテスト中とのことですが、いい具合にローカル感のある選択。
英語版ニュースではrecodeをはじめ、多数が報道しています。
https://www.recode.net/2018/1/10/16871480/facebook-local-news-section-journalism
今朝から米国ではこの記事ばかり出てますね。Facebookに依存しているようなパブリッシャー、分散型メディアは大きな影響が出てきそうです。Facebookの利用率が下がってでもアルゴリズム変更を断行するというのは、強い意志の表れ。とは言え、Facebook向けにパブリッシャーがコンテンツを展開しなくなると、それはそれでFacebookも困るはずなので、Snapchatのようにユーザー間のコミュニケーションとパブリッシャーのコンテンツの表示を、うまく切り分けるようなUIUXに変わっていくんじゃないかなと思います。Facebook Watchは、まさにその試みの一部かと。
フェイスブックの業績にとってはニュートラルないしはプラス、その他オンラインメディアにとっては大打撃となり得る施策。
本当に、大胆に実行された場合既存メディアから「デュオポリー」と非難轟々の寡占に益々メディアは大騒ぎするでしょう。
これで、ますます個人によるPRが増えてくるように思えます。

口コミもさることながら、Instagramでやっているインフルエンサーによるマーケティング。
企業広告には目もくれなかった人たちが見るようになります。

広告の在り方が抜本的に変わりそうですね。
個人のインフルエンサーの力が大きくなりますね
パーソナルな内容を増やすというのは、原点回帰の方向。
Googleは検索→プル、Facebookはフィード→プッシュ。ニーズがあるなかで「見る」ニュースと、必ずしもニーズがないなかで「見せられる」ニュースの違いだし、「見せられる」なら自分が親近感を感じるモノ中心のほうがやはりいいと思う。
それよりも俺は、本当の友達とは誰なのか、ということについて議論したい(違)。
社会のあり方が違えば、求められるSNSのあり方も異なってきます。米国で問題とされることも日本ではそれほど問題とは思われていなかったりします。政治団体や宗教団体、企業への帰属意識も社会によって異なります。
フェイスブックの利用者・利用時間が非常に多いインドネシアでは、宗教団体や宗教学校、政治団体、個人事業者なども皆フェイスブックを活用しており、メインのウェブサイトである場合も多いです。そういった団体や企業と距離をとりたいと思う人が少なければ、団体や企業のコンテンツが大量に目に入ってきても、問題とは思われないでしょう。

LINEやWhatsapp、Wechatなどがそれぞれ世界の特定の地域で圧倒的なシェアをもっているように、SNSも地域的に住み分けしていくのではないでしょうか。すでに中国で微博が、中東の一部でテレグラムが圧倒的なシェアを持っているというように、住み分けが進みつつあります。
世界中で誰からも好まれるSNSというのはなくなっていくかもしれません。フェイスブックがアメリカの利用者の嗜好を重視するのであれば、一つの合理的な選択でしょう。

この動きは、オバマ前大統領が述べた「ソーシャルメディアが社会を分断する」という問題意識とも関係しています。
https://newspicks.com/news/2719722?ref=user_1125005
いわゆるポピュリズムの台頭が、SNSによって推進されているのではないかと考える人は数多くいます。ドイツやフランスの政府にもSNSによる社会の分断やフェイクニュースの拡散を抑止するべきであるという動きがあります。フェイスブック社にも圧力がかかっているといえるでしょう。
しかし、インドネシアがそうであるように、社会が分断されていることがデフォである、という社会は世界ではむしろ多数です。異なる宗教の人々とは最低限の付き合いしかしない、といった社会もむしろ多数です。それはフェイスブック社や米国のエリートが支持するであろう、自由主義的で世俗的なグローバル化された世界には反するでしょう。しかし、市場は社会に適したSNSを求めていくのではないかと思われます。
いちユーザーとしては歓迎です。企業広告多すぎてみる気がしなくなっていましたから。
利用している実感として、最近は求めていない情報が多くて使いづらいなぁと感じていたので、この方向性には好感を持ちます。ユーザーあっての企業コンテンツ。Facebookからユーザーが離れてしまえば、いくらフィードに広告を出せても意味はなくなるので。

この方向性によって、どうフィードが変わるのか楽しみです。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
51.8 兆円

業績